パワーの木 江田神社 この木を触るとパワーが得られる、多くの宗教&パワーを持つ人が来るという。宮崎神宮 宮崎は神が降りて町である。その証拠として多くのお寺や神社があるし、宮崎神宮もある。

商売繁盛の一葉稲荷神社 ここは商売繁盛だそうだ。。飛行機に乗る前に。。。祈願

シーガイア オーシャンドーム 閉館から2年、救うならもうそろそろ動かないと錆び始めている。。

from Wiki
「オーシャンドームの概要 オーシャンドームは、開閉式の屋根を持つ全天候型プール。シーガイアリゾートのランドマーク的存在で、全面オープンに先立つ1993年7月30日に先行オープンした。10万本の松の木を伐採して造った長さ140mの人工ビーチや造波プールを持ち「世界最大の室内ウォーターパーク」としてギネスに登録されている。
しかし、大きく予想を下回った入場客数は、巨額な累積赤字という形で表面化。2001年、リップルウッドは、オーシャンドームの将来の閉鎖に含みを残したまま買収することとなったが、結局2007年9月30日に閉鎖された。2006年・2007年は閑散期を除いて営業していた。
建設の背景 [編集]
訪れる観光客は暖かい南国の海岸にある全天候型プールに違和感を覚えるが、シーガイア付近の海岸は浅瀬が少なく、通年波も荒い。また「だし」と呼ばれる強烈な引き潮も存在している。この引き潮に呑み込まれて死者も出ていたため、安全な海水浴場で子供を泳がせることが一部の地元の隠れた悲願であり、オーシャンドーム建設のきっかけとなったとされる(後に小規模な海水浴場も開発されており、地元では利用されている)。
一方で、宮崎の海は波が大きいためサーフィンに適しており、オーシャンドームに流れて浜辺に海水浴客もいないことから、日本でも有数のサーフスポットとなっている。
集客 [編集]
初年度入場者目標は250万人と設定したが、初年度から目標の半分を下回る惨憺たる結果となった。最大年間入場者数は、1995年に記録した約124万人。
平日は閑散としている反面、土日祝日や夏季観光シーズンになると人出で賑わう。偏った入場者数の平準化が開場以来の課題となっていた。プール以外のエンターテイメントや施設整備に注力し集客を図る努力が払われていた。
入場料金の推移 [編集]
地方の施設にしては入場料が高額という批判を受け、健康ランドと遜色のないレベルにまで入場料金が引き下げられた。
1993年 — 大人4,200円、子供(小学生まで)2,000円
2001年 — 大人2,500円
2005年 — 大人2,000円、子供(中学生まで)1,000円
別途、宮崎県民割引や半年パスの設定があった。」

シーガイアfrom Sheraton。ホテルはまだ営業中で全く問題ない。料理も最高。42階でイタリアン。松茸とタラバのミネストローネが美味しかった

みかんとトマト農園 シーガイア行く途中はグリーンハウスが多かった。

ハニワ公園 出土した古来ハニワの型を取り再現された物を公園に散りばめてあった。もの凄く表情豊か。

平和公園 色々な国の石を集め作られたが、日本と戦争した国からは抗議があり、その飾り石は取り去られた。また予算が消え、掃除も年1回以下になったという。

宮崎美術館 写楽や北斎の版画展を行っていたが撮影不可。なのでこれだけ。。Self Por­trait

宮崎美術館 前知事は大きな知事公邸に住み宮崎の税金を膨大なプロジェクトに使い、県民に大きな負債を押し付けたそうだ。みよ、この巨大な美術館。。。何人で運営しているんだろう。今後が心配。。

科学館は休館でした 実物大HLV-1ロケットを展示していたので訪問したが今日は休館、ショック。

hfo

   
© 2009-2011 Copyright Hideki Francis Onda 著作権所有者 恩田 フランシス 英樹 高周波マガジン High Frequency Oscillation Suffusion theme by Sayontan Sinha
This site is protected by WP-CopyRightPro