hideya mat­sumoto

所属するポルシェクラブ六本木支部のご案内だ。小松会長に掲載許可を受けている。是非参加をご検討下さい。一生に一度でもいいから参加するべき楽しいイベントだと思います。。車の挙動を理解できる良いチャンスです。フェラーリでレースするが私は大のポルシェファンでもある。毎日997ターボ MTで町中を移動している。。。またPCCJにも去年はMetavision Direc­tion 997 GT3 Cupで参戦、ドライバーMike Kimはクラス優勝も果たした。F1サーポートで走る花形メーカーだ。。。

ポルトファーシューレ7 ・ WINTER TRAINING at 安曇野 のご案内

2009.12.12

2009年のクリスマスも間近となりましたが、「ポルシェ乗り」の皆様いかがお過ごしでしょうか。
来る12月19日(土)は、今年最後の「富士スピードウェイ」本コースにおける「ポルシェクラブ六本木」 主催の「スポルトファーシューレ6」で師走の締めくくりをいたします。ぜひご参加下さい。
それは、新年に開催される「ポルシェ乗り究極のドライビングカリキュラム」へと続くからです。
今年1月24日(土)・25(日)に日本で初めて「ポルシェによる氷上トレーニング」を厳冬期の女神湖で
開催し、参加された107名、51台の「ポルシェを愛する皆様」に大変好評を頂きました。

第2回目は、装いも新たに「PORSCHE WINTER TRAINING at 北志賀」の名称で開催地を変更し企画いたしましたが、開催会場が上信越新幹線のトンネル工事の遅れで山之内町の地権者から中止要請が出て、今年は同地での開催を断念せざるを得ない状況となりました。
急遽、長野県大町市の関西電力と(株)関電アメニックスに伺い事情を説明したところ、ご協力を頂けることとなりました。うしろ立山、爺ケ岳、鹿島槍ケ岳の山懐に難工事の末、完成した「黒部第四発電所」黒部トンネル扇沢駅至近距離のリーガロイヤルホテルチェーン「くろよんロイヤルホテル」が、地元の建設業者と連携で「PORSCHE WINTER TRAINING at 安曇野」の開催を快く引き受けて頂くことができました。
「くろよんロイヤルホテル」は、黒部第四発電所建設のため海外向けの迎賓館として創設されたそうで、温水プールを備え、源泉掛け流しの風呂や岩盤浴、レストラン等の付帯施設が充実したホテルです。
開催期間中は、ほぼ全館日貸し切りで参加される皆様が「雪上トレーニング」の後、ゆっくりとお寛ぎ頂けるようにいたしました。

津々見校長指導の下で今期「スポルトファーシューレ」を6回に亘り開催し、ポルシェAGのスペシャルインストラクター、ヨッシー ヒンデンブランドさんを迎え、「ポルシェ乗り」として基本の「ソフトで繊細なアクセルワーク」の反復練習を重ね、それがいかに重要かご理解頂けたと思います。
その究極のカリキュラムが、今回ご案内する「PORSCHE WINTER TRAINING at 安曇野」 です。低ミュー路の雪上リンクで「ポルシェ乗り」として、必須のアクセルワークを存分に体験し「日常の安全運転」にお役立て下さい。

「雪上トレーニング」に参加される皆様の冬タイヤを前回の女神湖同様に「コンチネンタルタイヤ」の高橋徹雄様の全面的な協力を頂き、再びドイツ本国から輸入して頂けることとなりました。
入用な方は、参加車両のタイヤサイズを記入し、12月25日(金)迄にお申し込み下さい。
同社から特別価格でご提供頂けます。

海外からのインストラクターは、前回に引き続きヨーロッパドリフトチャンピオンのウォルフガング カウフマンさんと、第37回「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」で4連覇、5勝し最速レコードを樹立した「マンタイ レーシング」のトップドライバー、マルセル ティーマンさんをモナコからお招きします。また「マンタイ レーシング」「ポルシェGT3RSR」サイン入りミニカーを10台限定で販売いたします。

会場は第1回同様「フィンランド ロバニエミ」のラリードライバー、トレーニングコースと同等レベルで設営します。「ポルシェ乗り」による「ポルシェ乗り」のためのトレーニングを心行く迄お楽しみ下さい。

以上

会  場 関電「安曇野 特設スノーリンク」 /長野県大町市平日向山高原

開 催 日 2010年1月29日(金)~31日(日)3日間開催
締 切 日 2010年1月18日(月)

時  間 1日目 9時00分~17時00分まで /できる限り前泊をお薦めします。

出   発:7時30分 /開催中3日間同様

受   付:7時00分/ くろよんロイヤルホテル/リーガロイヤルホテル

トレーニング開始:09時00分
2日目 9時00分~17時00分まで

トレーニング開始:09時00分

キャドルトレーニング : 20時00分~22時00分 /予定

3日目 9時00分~17時00分まで

トレーニング開始:09時00分

表 彰 式:18時00分
解   散:19時00分
懇 親 会:19時30分

参加費用 60,000円(会員) 65,000円(ビジター)

宿  泊 くろよんロイヤルホテル http//www.kuroyon-royal.jp

住  所 〒398-0001 長野県大町市平日向山高原

電  話 0261-22-1530  FAX 0261-23-2098

宿 泊 費 一泊二食付・1室4名使用・1人当り/一泊 13,800円 (昼食除く)

昼  食 厳選した食材でご用意します /休憩所ではフリードリンク
服  装 スキー用服装 / スノーシューズ / ドライビンググローブ
そ の 他 宿泊費等諸経費は個人負担/個人精算とします。

ポルシェ用冬タイヤを特別価格で用意 協賛:日本コンチネンタルタイヤ
タイヤ締切日 2009年12月25日(金)

第2回 ポルシェ・ウィンター・トレーニング at 安曇野 のご案内
2010年1月29日(金)~31日(日)

参加締切日 2010年 1月18日(月)

ビジター(は○で囲む) / 会員番号    氏  名   年齢

同伴者氏名             年齢     同伴者氏名          年齢

〒     住 所

宿   泊 □1月28日(木) □1月29日(金) □1月30日(土) □1月31日(日)
部 屋 割 □2人部屋 □3人部屋 □4人部屋 /少人数での使用割り増しとなります

携帯電話番号                電話番号
E — mail
参加車種      年式    車体色   車輌番号

タイヤサイズ 前輪             後輪
タイヤ申し込み締め切り日 12月25日(金)
FAX番号 03‐5809‐0993 クラブ事務局

振込明細を貼付しFAXでお申込み下さい。

(ビジターの方は○印、会員は№を必ず記入して下さい)
参加申込期限 2010年 1月18日(月)
締め切り後のご返金はご容赦下さい。

タイヤ申し込み締め切り日 2009年12月25日(金)

振込先 りそな銀行・上野支店 (普)1359619

ポルシェクラブ ロッポンギトウキョウ

================= ご案内はここまで ========================

車クラブは走るためにある。これを最も長く実行しているPOCET。パーティーや宴会はサーキット近辺やツーリング先ですれば良い。

ミツワ自動車時代私もポルシェクラブ六本木の理事をしていた。理事会で話すイベント内容は全てサーキットと超ロングツーリングだ。今でもポルシェクラブジャパンは変わっていない。走る喜びを最前列に出しているクラブだ。私は997ターボとCayenne GTSを所有するので今年再入会をした(以前は入会1989–1999退会)。このイベントにも参加するつもりだ。。。雪の中でポルシェを振回すイベント、サーキットイベントもやらないフェラーリクラブオブジャパンじゃ考えられない。だからポルシェはPorsche Car­rera CupとかF1のサポートレースとかできるんだな~ FCJもそうなって欲しいと思うが。。。 今の形で存在する必要性もあるのかな?多分フェラーリを生活のアクセサリーと考える人はそれでイイのかも。。

日本以外のフェラーリ公認クラブは全部「レースやツーリング」がメイン。今年FCJに5万円払ったが参加したイベントは下田ツーリングとFerrari Festivalで開かれたFCJ20周年記念だけ。。。最近は青山さんも、ただ一人のレーサー理事T氏も辞めていった。私もフェラーリクラブ入会は1992だから会員番号も0XXXXを4桁だが。。辞めたいとは思わないが。。参加出来るイベントが。。。(涙)。ポルシェクラブから教わることは沢山あると思うのだが。。。サーキットイベントと社交イベント混合を希望したい。

hfo

   
© 2009-2011 Copyright Hideki Francis Onda 著作権所有者 恩田 フランシス 英樹 高周波マガジン High Frequency Oscillation Suffusion theme by Sayontan Sinha
This site is protected by WP-CopyRightPro