レンジファインダーで時間をかけピントを合わせる。シャッタを一気に押すと「カシャ」上品な音が聞こえ写真が撮影される。単純なようだが、Leicaで行うこの作業はLeica M9内のSDカードに「レンズを通し魂を写す」作業なのだ。一枚の写真撮影にかかる時間は数分以上。ピンぼけや手プレ写真もあるが、時には数枚ビックリする写真が撮影されている。この事実はMacで取り込んだ後じゃないと理解できない場合が多い(Leicaのディスプレイが小さく解像度低いので)。

最近ではすっかりSony NEX5SEL18200のコンビを絶賛していたが、北九州講演時、暗い環境での講演会場と二次会会場での撮影には非常に弱かった。設定をちゃんとすれば良かったのだが、他人に撮影をお願いする場合も多く、NEX5はボタンを減らした分、大半の設定をネストされたメニュで行わなければならないので、初心者には扱えない。HDRDRO等最新の機能を持ち万能と思ったが、それらの機能もいちいち設定が必要。SEL18200レンズはかなり大きく鞄から取り出しに時間がかかり「瞬時に撮影」は無理だった。

旅行先で撮影したい写真は2種類。第一は 暗闇でもワイドアングルでイベントや集まりの「雰囲気を記録」したい。フラッシュがあればそれもプラス。第二はやはり幻想的なワンショットをおさめたい。明るいレンズで35mm版の解像度が欲しい。記録写真とアート写真の二種類だ。カメラは心地よく持ち運べる事も重要だ。EOS5Dで長い間24mm 1.4と50mm 1.2 を持ち歩き両立させてきたが、あまりにも重量が重い上、レンズ交換という面倒もつきまとった。一度香港超高層ビルの最上階で撮影時、レンズ交換中突風で「砂」がミラー内に入り傷を付けた事も経験に新しい。(EOS5DmkII, Lumix GF1, GH1, EOS7D, Lumix LX1からLX3, S90, Sigma DP1等を最近まで利用した。)

一台で万全なカメラは無い。今後「じっくり撮るLeica」とiPhone 4より小いさく「瞬時をキャッチ」できるCanon S95で武装する事にしよう。来週末はAUGM沖縄。たS95は40mm防水ケースも入手。ダイビングで利用する。昔EOS KissをINONのケースに入れて撮影していた時代が夢のようだ。

Leicaでビデオの撮影は出来ないのでiPhone 4とS95で動画を撮る事にした。さ〜どうなるか楽しみだ。

全く対照的なCanon S95は暗いところでも白バランスがちゃんと取れている。

こんな接写でもちゃんと撮れる。一瞬を逃さないカメラですね。

hfo

  • http://twitter.com/hidekionda/status/25969195987 Hideki Fran­cis Onda

    Leica M9 & Canon S95 カメラマン恩田の最終兵器 | 恩田 フランシス 英樹の高周波 High Fre­quency Oscil­la­tion マガジン HFO http://bit.ly/965X3V

  • http://twitter.com/kamenreader/status/25969548686 Kamen­Reader

    Leica M9 & Canon S95 カメラマン恩田の最終兵器 http://dlvr.it/6CCM1

  • http://twitter.com/rakuten_bank/status/25969787451 樂典フィードバンク

    Leica M9 & Canon S95 カメラマン恩田の最終兵器: レンジファインダーで時間をかけピントを合わせる。シャッタを一気に押すと「カシャ」上品な音が聞こえ写真が撮影される。単純なようだが、Leicaで行うこの作業はL… http://bit.ly/dvw7Kc

   
© 2009-2011 Copyright Hideki Francis Onda 著作権所有者 恩田 フランシス 英樹 高周波マガジン High Frequency Oscillation Suffusion theme by Sayontan Sinha
This site is protected by WP-CopyRightPro