CNEMA Labo 通信vol.003
19.nov.2010
=*=*=**=*=*=**=**=*=**=*=
Intet BEE 2010 二日目を終えて。
気運を感じます。

主催者発表では、
今年の出展は過去最多の824社とのこと。
17日の入場者数は10,320人、18日は10,565人でした。

確かに、いろいろな立場の来場者と接していて感じるのは熱気です。
経済状況が厳しくても落ち込んではいられないから、意欲的に希望を生み出そうという意欲が、態度と表情に表れています。やはり、映像業界のモチベーションを底辺で支えているのは現場のスタッフの情熱だと思います。

Focalブース#5215にいると、それがよくわかります。多くの方々が、食い入るように(撮影と編集に関わる)製品を見つめて、熱心に、執拗に質問と意見を投げかけてくださいます。

例えば、大きなショルダーバッグを両肩に抱えた、映画の撮影助手の青年はキラキラした瞳で語りました。

「カメラは新製品が出てモデルチェンジをして、どんどん変わって行くけれども、レンズは変わらないんだ。いいレンズは十年でも二十年でも使える資産なんだ。だから、レンズを徹底的に使いこなせるような道具(製品)を是非とも出して欲しい。」
これは、iKanのフォローフォーカスを触りながらの言葉です。リモートコントローラを参考出品していますが、その機能にまだ不満と要望があったのです。

この方は映画の現場で鍛えられたプロのフォーカスマンです。言葉には実感と情熱がこもっていました。私たちに対する激励と叱咤の意志も込められています。

二日間、たくさんの映像に携わる方々の生の言葉を聞いていて、みんなで一緒に映像業界の活気を取り戻そうという気運を強く感じます。
希望的観測かもしれませんが、それでもイイと思います。大切なのは、その希望的感性だと思いますから!
Intrt BEE 2010、現場の実感でした。
—————————–
Intet BEE team
CINEMA Labo 鈴木亮

hfo

  • http://twitter.com/hidekionda/status/5505243001397249 Hideki Fran­cis Onda

    監督 Ryo Suzuki の CINEMA Labo 通信vol.003 – Inter­BEEレポート | 高周波 High Fre­quency Osci.. http://bit.ly/dxkdLB #Focal #iKan #InterBEE

  • http://twitter.com/rakuten_bank/status/5510473415921664 樂典フィードバンク

    監督 Ryo Suzuki の CINEMA Labo 通信vol.003 — Inter­BEEレポート: CNEMA Labo 通信vol.003
    19.nov.2010
    =*=*=**=*=*=**=**=*=**=*=… http://bit.ly/9tMR8p

  • http://twitter.com/kamenreader/status/5510576633548800 Kamen­Reader

    監督 Ryo Suzuki の CINEMA Labo 通信vol.003 — Inter­BEEレポート http://dlvr.it/8nlgM

   
© 2009-2011 Copyright Hideki Francis Onda 著作権所有者 恩田 フランシス 英樹 高周波マガジン High Frequency Oscillation Suffusion theme by Sayontan Sinha
This site is protected by WP-CopyRightPro