We now have our full video team up and run­ning, Inter­view in Japan­ese with Juho whom I dis­cov­ered in Osaka, con­se­quently became friends and had asked him to develop a line with a Fin­land motif.

弊社に経験豊富な映像監督鈴木さんとエディターの加藤さんか入社されて間もないですが、私がスペインに居る間にJuhoさんのFinlandiaインタビューが完成し、弊社ページで公開されました。第一弾ですが、これから毎日製品映像等作品が増えていくと思います。弊社のUstreamスタジオも完成し色々な番組を企画中ですが、まずは弊社製品やフェラーリに関連する色々な映像をYouTubeにHDでアップした上で関連した議題の方々を御呼びし生放送も行う事を計画しています。勿論撮影には弊社が扱うiKan製品やFinal Cut Proを使用して色々なカメラで撮影した映像を混ぜ合わせています。

 

Seems win­ter snow is start­ing in Europe. Some air­ports in Eng­land is close, and they had to deice my plane before take­off. Any­ways these are pic­tures for my own recollection.

 

I am at the air­port lounge after 3 days of Fer­rari mad­ness. Thanks to all peo­ple at Fer­rari for mak­ing this a mem­o­rable occa­sion, and hope to be back at Finali Mon­di­ali no mat­ter where you hold it next year. My thanks espe­cially to  Her­bert, Sal­va­tore and Adrea. Finally got to taste some Span­ish food (Fer­rari only serves Ital­ian food, but always the best) on my way out today.

Unlike Madrid and Barcelona, two cities get­ting a bad rap because of unem­ploy­ment and crime, Valen­cia is a nice city. Although  the hard times of econ­omy is show­ing, it still is safe, pleas­ant and tasty city to come to. The food here is espe­cially good, of course the Valen­cia Orange Juice is king.

Valen­cia is where MotoGP, World Cup Sail­ing and many many sports events are held. It has a mod­ern marina and new hotels, but this time I stayed in the old city close to every­day peo­ple. Peo­ple are nice and most of the com­mer­cial peo­ple speak Eng­lish, as a mat­ter of fact it has a large pop­u­la­tion of British and Amer­i­cans who moved here in the good old days.  It was one of the top des­ti­na­tions for British retire­ment. An Amer­i­can lady walked in to my Tapas ask­ing in Eng­lish for 1 whole piece Chicken for Thanksgiving.

I wish I could go to Lon­don for meet­ing with Mike @ D-FUSE but I don’t want to get stick in the Euro­pean win­ter snow which has just stared and will wreak havoc at Heathrow. So off I go to CDG and Tokyo. I may have to be in LA and HK for month of Decem­ber so the travel never stops. I wish all read­ers a happy and mem­o­rable Thanks­giv­ing as we thank each other for what we have.

There may be some bad ones I am told, but all the Tapas I ate was wonderful

Sorry, not much pics of food this time. Ate them before I real­ized a photo oppor­tu­nity. Potato Salad

Veg­gie Paella

Some parts of city show hard eco­nomic times like any city, but Valen­cia is lively and ener­getic city

Cen­tral Station

Huge Huge Palm trees are every­where here.

Air­port, bye bye and will be back here rac­ing I am sure.

My Tumi Back­pack with Wheels, this is the best bag for ANY travel I have dis­cov­ered, at the air­port lounge where I write this article.

 

ホテル前にフェラーリが5台並んだ。瞬く間に人が集まり撮影タイム。F1ドライバーAlonsoの国だからだ。町中にはSalander銀行(Ferrari最大のスポンサー)がFerrariロゴを使用している。 Peo­ple gather in mat­ter of min­utes in front of my Hotel as a few Fer­rari lines up. Photo Shoot Time. The yel­low is a 3 coat color and extra 20,000 eu

I went to Ricardo Torino race­way today to test the 458 Chal­lenge, oh what a car. This car is so solid that there is noth­ing com­pa­ra­ble to it’s elec­tronic dif­fer­en­tials straight from F1. I am surely con­vinced that this car will win many many GT2, GT3 cham­pi­ons in 2011. The Chal­lenge series is also extended this year to Shang­hai, Zuhai, Fuji and Motegi raceways.

今日は朝から曇りで天気も悪く気温は6度。サーキットへ行くと一層冷え込みは増す。受付で免責書類にサイン、その後ピット39番へ行く。そこにはなんと4台の458チャレンジが用意されていた。今回初めて見る白の458CHも2台。Youtubeで見た映像よりスマートでロープロファイルに実車は見える。朝の走行はスリックDHピレリタイアだったが、私の順番直前で雨がパラパラ。フェラーリスタッフは急遽タイアをレインへ交換。雨がパラパラ中の新品レインは滑りやすい。

同行したプロドライバー檜井さんの走行感想は一言で「凄い、パワーがおわりなくeDeff(電子油圧ディフレンシャル)で路面に伝わり、車を前へ前へ押し出す。」私は大事を取り限界走行を避けたためブレーキもタイアも暖まらずセミドライの中新品レインタイアで苦戦、安定走行は残念ながらできなかった物の、ストレートでの加速が終わり無い事を体験する貴重な周回だった。

458イタリアと同等に方向シグナル等全てハンドルの中。FLASH = パッシング、PIT = 押し続け2速で60kmを下回るとリミッターがかかる仕組み、本格的、 SCROLL = ディスプレイのコントロール、RADIO = 無線通信用ボタン、 WATER WIPER = 全面用 と最後に eDeffのスイッチだ。

今回430チャレンジや458イタリアとは全く違う電子ディフレンシャルが備わる。完全にF1譲りの物でASR, CST, CTESPとは全く関係ない装置になる。これはタイア回転を合わせ、車が前へ行くようトラクションをかけるディフレンシャル制御をする物で、OFF 1 2とその度合いに違いがある。1を利用した場合でもOFFにしたプロドライバーと同等の走りができる。ドライバー操作の介入をする物ではない。長いレースの場合最初はOFF、中頃で1、最後は2でタイヤやブレーキを労ることが出来る。この辺は一緒に走ったプロドラーバー檜井さんのレポートがあがるのをまとう。私の変な日本語よりちゃんと解りやすく説明してくれるはずだ。ここが凄いんです、458チャレンジ。

エンジン室内もガラスも全て車重を1125キロにするためジェット戦闘機と同じレクサンやドライカーボンに変更されている。車重を抑えるのだけでなく、上の重量を減らす事が重要だ。

右の赤いのはSD4(仮名)用端子とダッシュ中にはPCでテレメトリーを取る端子。

ボタンが増えたステアリング裏。部屋のネットがあまりにも遅いので写真は全部下にある。今回ブレーキも最新でFXX Evoより高性能だと説明された。前のブレーキローターは厚みが430チャレンジより厚く長持ちするそうだ。そのかわり形のかわった(3個に分かれた)ブレーキパッドは新たなコンパウンドを利用しているとブレーキ開発に携わったMauritzioの話。車両右裏にあるファンは無い。これはエンジンルーム内の大型のオイルクーラータンクをもうけたかららしい。下の写真の中にはeDeffの写真も見える。またリアマルチリンクの効果は絶大。高速コーナーでも信じられないぐらい安定している。これから出てくる檜井さんの記事が楽しみだ。 重量配分は48 — 52.

 

Tomor­row I will be test­ing the 458 Chal­lenge in Valen­cia. Attended 2 days of Fer­rari mad­ness with Luca Mon­tezemello, Fer­di­nand Alonso and Phillippe Massa. This is the largest annual event Fer­rari holds for world­wide rac­ers and cus­tomers. Rang­ing from F1 Cliente to 430 Chal­lenge dri­ver and fam­ily, it is pure Fer­rari all the way. World’s best party, fire­works, Ital­ian cui­sine and rub­ber burn­ing rac­ing. Eric got a ride on his FXX with Alonso in the drive seat, amaz­ing. Thanks to Her­bert, Sal­va­tore, Andrea and every­one at Fer­rari and Sunouchi at Rosso Scud­e­ria for the invite. It was and will always be a very mem­o­rable occa­sion, hope I am back here as a dri­ver next year with 458 Chal­lenge APAC group. Photo with Pana­sonic GH2 and Nok­ton 25mm 0.95 + Pana­sonic 14-140mm HD lens.

No car maker (Fer­rari is not a car maker, it is a mod­ern arti­san) can trans­late emo­tion to love of motor sport like Fer­rari can. It is just mag­i­cal, thus my never end­ing love for the artistry of Fer­rari burns stronger than ever before each time I attend a Fer­rari event. Fer­rari is pas­sion, Fer­rari is emo­tion in the form of motor sports. These are all pho­tos shot by me and not copied or bor­rowed from other place. Enjoy Enzo, it was a won­der­ful won­der­ful well orga­nized amaz­ing event to say the least. No one can do this, only Fer­rari can. Hope Asia and Japan gets larger and wow filled events for 2011, I can­not wait.

世界最大のフェラーリの祭典「フィナーリ・モンディアリ・2010」に二日間参加。明日はいよいよ458チャレンジテストだが、ピレリはさかんにレインタイアを4対1の割合で組んでいた。聞くと「明日のテストは雨の可能性大」と言われた。それでも楽しみ。二日間のレースやイベントは最高で、アロンソ、マッサとモンテゼメロ社長を始め全員登場。ハーバート・ジャパン社長や上海のサルバトーレ、アンドレアと一緒に楽しい時間を過ごした。驚いたのは香港友人のエリックがこっそりF1を買って乗っていた事。その上F1 Cliente全員記念写真は彼のF1だったし、FXXでも自分の車をアロンソが運転し、助手席に乗る等楽しんでいた。奥さんが「まるで子供」と笑っていたのが印象的。何はともあれ大きな事故も無く白熱したレースとFXX Evo, 599XX, 往年のF1333SP、430チャレンジ、クラシックカー、430 GT2 and GT3の素晴らしい音色と走りを見れた事は大変嬉しかった。明日は今回メインの目的なので早く寝よう。一様247枚の写真をアップ。無造作に上げたので似たような写真お許しを。ビデオも沢山撮影しています。GH2シネマ24fps with Nok­ton 25mm 0.95の写りは如何に?

 

Tokyo -> Paris on a A380 was nice, 11 hour and change. Paris -> Valen­cia 1.40 hours. It was very cold in Paris at 3C, Valen­cia at 10C. Woke up at 4:30am in a cold hotel room. It is early but peo­ple are still drink­ing and par­ty­ing out­side, reminds me of Vegas. City is beau­ti­ful. I lost all my Span­ish after I left LA, how funny I am more com­fort­able with speak­ing French and Ital­ian. Gra­zie (Ital­iano) = no good,  Gra­cias (Espanyol) OK.

Watch a few races, talk to dri­vers and Gala Party today. Same tomor­row. On mon­day I will be test dri­ving the new 2011 458 Chal­lenge mon­ster race car. It is my first time to fly with hel­mets, HANS device and full race suit. I hope I get some qual­ity time in the car. Maybe I will stop over at Paris or Lon­don a few day.

Is that a Stadium?

City of Valen­cia, a coastal city with Palm Trees and nice weather. Fer­rari moved the Finale Mon­di­ale event from Italy to here due to the nice weather this time of the year. Spain Cat­alo­nia area has nice weather and many nice cir­cuits. No rain, no fog. Fer­rari race dri­vers and fans come here from all over the world. There will be over 50,000 peo­ple from all over the world that has any­thing to do with Ferrari.

 

弊社デザイナー武藤との対談。弊社の撮影スタジオ All Still Photo by Iwasaki Mitsuhiro

機材やスタッフ導入を決定してから半年、素材の撮影やiKan等の機器のInterBEE展示等は行ってきた物の、社内スタジオでの撮影本番がやっと昨日行われた。今回のゲストは弊社が販売するiPhone iPadケースTUNEWEAR社の「Finlandia」シリーズデザイナーのJuho Viitasaloさん。近いうちオンラインでご覧いただけますのでお楽しみに。

iKanモニターで確認する弊社鈴木監督

スタジオ窓外は東京ミッドタウンの公園、夜はライトアップで美しい

製品を説明するJuhoさん。全部のデザインに深い意味がある

最新のiPadカバー、壁紙も弊社からダウンロードできる

鈴木監督

鈴木監督のコメント

[Finlandia]のPV(プロモーションビジュアル)に取りかかりました。昨日、デザイナーのJuhoさんが来社されて、コメントもいただきました。フィンランドの人々は森の精霊と語らうことができます。静かに佇んで思索を巡らすことを無上の楽しみとしているようです。なんたってムーミンの国ですから、ニョロニョロだってスニフだって森の中で戯れているわけです。デザイナーのJufoさんは、時の流れと季節の移ろいを肌で感じながらシンボルを描きました。それが、[Finladia]です。あの印象的な心象的なマークは、心の奥底のタマシイから発せられたメッセージだったのです。素敵ですね。

Juhoさんの話は続く

下をクリックでTunewear Fin­lan­diaシリーズ製品がご覧いただけます

FINLANDIA Series for iPad / iPhone 3 / iPhone 3GS / iPhone 4

 

クリニックついでに5分間さら〜っとGDExpoをデザインハブで撮影。Leicaには劣る物のこの価格でこの写真は○。

 

S95 GH2, Noc­ton 25mm, NEX-5, 14-140HD

今日はNok­ton 0.95 25mmレンズの発売日。早速Panasonic Lumix GH2で試す。接写ができ素晴らしいレンズだ。ぼけもなかなかマイルドでいい。35mm換算だとLeica M9 + Noc­tilux 50mm = 50mmでGH2 + Nok­ton 25mm = 50mmだが、一番大きな違いは最短焦点距離。最短撮影距離は0.17mのNoktonだがNoctiluxは1mで食事などを写すときは立ち上がり席の後ろへ行かないと無理。当然マニュアルフォーカスで遊びCineモードで動画撮影にも有効。「映画」ルックの映像が誰にでも作れる。

Leica is always King

M9 Noc­tilux

Nok­ton and Notilux 0.95

from the side

Can’t do this

GH2 Noc­ton 25mm

Leica M9 and Noc­tilux 50mm 0.95

Limix GH2 and Nok­ton 25mm 0.95

 

金曜日からスペインバレンシアで開催される年末フェラーリ世界忘年会に参加するためA380でパリへ。今回自分も458チャレンジのテストを行うためフルレーシングスーツとヘルメット持っていきます。土曜のパーテイー、日曜のお祭りイベントと月曜日は私自身458チャレンジでテスト。車として430チャレンジより安定しておりコントロールしやすいと言われていますが、パワーがあるのでパワースライドやドリフトも簡単にしてしまいます。

これに乗ってきます

これに伴い移動や外の多い今回のイベントを何で撮影するかが一番大きな課題。EOS5DmkII + iKan RIGは一人でイベント参加と撮影は無理。機材を持ち歩くだけでダウン。その上300キロオーバーの世界最新7速モンスターレーサーでF1スペインサーキットを走行するなんて無理無理。しかし今回ドキュメンタリーの撮影、車雑誌用撮影、最新機材のテスト、車のテスト、来年のスポンサー探しと色々と忙しい状況で機材も軽量が一番。年末年始忙しい中トンボ帰りのスペインです。

  • Leica M9 + Noctulux 写真はすばらしいが動画が無いので論外。海外持ち出すのも高価すぎ。
  • Canon EOS5dmkII 動画をハンディーで撮影するにはジャイロマウント、ステディカムなどが必要。三脚+Fluidヘッド絶対。外部モニターも必要。
  • Pana­sonic GH2 単体では14-140mmでEOS5DmkII + 24-70mm 2.8 L and 70-200mm 2.8LII ISの動画を幅広くカバー。NOCTON 25mm 0.95マニュアルフォーカスでLeica M9 + Noc­tilux 50mm 0.95風の写真を撮影。NoctonはMicro 4/3専用なのでこのコンビで使う方は多くなると予想されます。

思惑がうまく行けば完璧なのだが。Noctonは明日発売。よかった、間に合って。1コーナーでは5回もシフトダウンする「わ〜ん、わ〜ん」と鳴く車です。コントロールラインを通過する音は昔聞いて痺れた333SPのエンジン/排気音を思い出させてくれます。

© 2009-2011 Copyright Hideki Francis Onda 著作権所有者 恩田 フランシス 英樹 高周波マガジン High Frequency Oscillation Suffusion theme by Sayontan Sinha
This site is protected by WP-CopyRightPro