Although it was very cloudy with lim­ited rain, the skies cleared up as we arrived at the GTO House in Gotenba, close to Fuji Speed­way. Nearly 70 Ferrari’s gath­ered, includ­ing the 288GTO and 599GTO. Always a beau­ti­ful sight to see with so many many beau­ti­ful and pow­er­ful cars.  Thanks to those who helped orga­nize this event and thanks to Mr. Mat­suda for offer­ing the location.

今日はフェラーリクラブジャパンのフェラーリブランチが松田さん所有のGTOハウスで行われました。理事の皆さんご苦労様でした。松田さんに感謝。599GTO288GTOが複数台来ていました。天気も晴れていい一日と思いきや、記事を書く最中韓国と北朝鮮の砲撃戦のニュース。平和な世界を希望します。

 

他の写真は私の撮影ですが、この写真は友人の加藤さん撮影。素晴らしいLeica M9 Noctilux 構図もピントも完璧

Leicaで撮ると奇麗だな、By Katoさん

ほっぺたにお団子が〜

 

2nd place fin­ish and best time of 1.53

Nice race today. All in all close to 30 cars. Fin­ished 2nd in 430 Chal­lenge Class and 14th over­all out of all the top rac­ers con­tend­ing. No spin and could have done bet­ter if I had pushed the car but safety and fin­ish­ing was most impor­tant as I crashed on the last year’s race. All photo shot my me with Canon EOS 5d mkII 24-70mm 2.8 and 70-200mm 2.8, thus no pic­ture of me. 今日のレースはスピンも無く1.53秒と記録を更新。もう少しで1.49秒台に行ける。去年のレースでアクシデントで迷惑をかけているので冷静に無理をせず走る。クラス2位、27台中総合14位。レースを初めて2年、少しずつ頑張ります。写真は全て私が撮影なので自分は移っていません(あたりまえ)

dri­vers meeting

Fer­rari Racers

プロレーサー松田先生から注意事項

今日は他にもBMW Fam­ily Day 等沢山のイベントが開催されていた。

フロントの穴をクローズしてみた。これはよく聞く話で真ん中の穴は効果無いと多くの海外ドライバーが言っていた。ちなみにこのフロントスポイラーはRSDの物

田波さんの430チャレンジ

ポルシェ軍団を抜き総合トップでフィニッシュしたRac­ing Ser­vice Dinoの切替選手。サーキットの鬼としか言いようが無い。素晴らしい、で切替さんも自社スポイラーの穴を閉じていた。聞くと「テストしているので」とか言うが、負けるわけにはいかないレースでテストはしないだろう。多分前は閉じた方が早い事を数値で知っているのだろう。怪しい。絶対手の内を見せないプロ魂を尊敬。レースは心理戦でもある。

貴重なクラシックアストンもフル走行

Alpha、可愛い

他レースのシャンパンファイト

サーキットには魔物が住む

素晴らしいクラシックジャガーのレースカー

美しい

So cool

なんだか賑やか

私のメカの太田さん。何時もありがとう

鈴木監督も来てくれた

皆準備で大忙し

絵になる

こちらも大忙し

主催の小塚さんの車

後ろも凄いね

ホイールがグリーン

やっぱり一番私の車がかっこいい(笑)

BMWのレースカーも沢山

小塚さんはカッコいい男だ 。TWest代表。ガソリンを飲料水代わりに飲む

点検中

458いいね!

みんな憧れのフェラーリを撮影

ポルシェ軍団+てんまチャン作戦タイム

レース終了 総勢30台近いポルシェとフェラーリのガチンコバトルだった。

最後は各自記念撮影

凄い

日本で開催されるレースの頂点かも

Challengeカールズとトロフィーだ〜。CCJガールズも可愛いし性格がいい子たちでした。笑顔で挨拶が印象的。

疲れた!遠山さんもお疲れ

今日頑張ってくれた私の430チャレンジTUNEWEAR号、この車でレースしました

帰りますか。。。

 

Rac­ing today at the Chal­lenge Cup Japan races in Fuji. Bunch of very fast Porsche Car­rera Cup GT3 cars and Fer­rari Chal­lenge cars.

 

着物の後ろ姿は奇麗

東京ビーフサンドイッチ、閉店して長い。もう終わりか?佐世保の親善大使Sandy Tripさんと食べたのが最後

サンドが閉店しているため佐世保バーガーへ行くがここも閉店中。残念

新ビル工事も多い六本木

 

CNEMA Labo 通信vol.003
19.nov.2010
=*=*=**=*=*=**=**=*=**=*=
Intet BEE 2010 二日目を終えて。
気運を感じます。

主催者発表では、
今年の出展は過去最多の824社とのこと。
17日の入場者数は10,320人、18日は10,565人でした。

確かに、いろいろな立場の来場者と接していて感じるのは熱気です。
経済状況が厳しくても落ち込んではいられないから、意欲的に希望を生み出そうという意欲が、態度と表情に表れています。やはり、映像業界のモチベーションを底辺で支えているのは現場のスタッフの情熱だと思います。

Focalブース#5215にいると、それがよくわかります。多くの方々が、食い入るように(撮影と編集に関わる)製品を見つめて、熱心に、執拗に質問と意見を投げかけてくださいます。

例えば、大きなショルダーバッグを両肩に抱えた、映画の撮影助手の青年はキラキラした瞳で語りました。

「カメラは新製品が出てモデルチェンジをして、どんどん変わって行くけれども、レンズは変わらないんだ。いいレンズは十年でも二十年でも使える資産なんだ。だから、レンズを徹底的に使いこなせるような道具(製品)を是非とも出して欲しい。」
これは、iKanのフォローフォーカスを触りながらの言葉です。リモートコントローラを参考出品していますが、その機能にまだ不満と要望があったのです。

この方は映画の現場で鍛えられたプロのフォーカスマンです。言葉には実感と情熱がこもっていました。私たちに対する激励と叱咤の意志も込められています。

二日間、たくさんの映像に携わる方々の生の言葉を聞いていて、みんなで一緒に映像業界の活気を取り戻そうという気運を強く感じます。
希望的観測かもしれませんが、それでもイイと思います。大切なのは、その希望的感性だと思いますから!
Intrt BEE 2010、現場の実感でした。
—————————–
Intet BEE team
CINEMA Labo 鈴木亮

 

See below for English :

Apple社はSIM無しiPhoneを来年発売するかもしれない。SIM無しでは無くSIMがエンベッドされているiPhoneだ。無いのはSIMスロットだけ。長年キャリアは自社のSIMを店舗で取り付ける事によりユーザーと直接取引やサービスを販売してきた。対面で追加サービスも販売できた。

仮にAppleが来年SIMを本体基盤に埋め込んだモデルを出したらどうなるか?今この話がヨーロッパのキャリアー間でささやかれており、本当にそのような製品が発売されたら現在キャリアが行っている端末援助を打ち切るとAppleへ忠告している。このコメントは「技術的に可能」と認めているのと同じ。

と言う事は?実際Apple社が端末を販売するのであれば出来てしまうという事なのか? 大手レコード会社と音楽をiTunes用に供給する、大手出版会社と書物をiPad用にiTunesで供給する、この二個の事業でも必ず最初に抜け出し契約をする企業がいた。キャリアーも一枚岩とは行かず、AppleにSIM埋め込みiPhoneを支援する会社は最初から出てくるだろう。SIM埋め込み=リモート・キャリア・アクティウベーションiPhoneは他を大きく引き離す技術が多用され、キャリアもAppleと一緒に動かなければ生き残れない構図が逃げ隠れする。

Apple社はユーザーに数多くのサービスを独自に販売できる。個人電話番号のオークション、Appインストール後可能になる新たなサービス。勿論Apple社は通信料金を徴収する立場になりここでもユーザーの利用履歴等の情報とキャリアー収入のパーセンテージを要求できる。ワンプロダクト、ワンワールド、ワンコンパニーの哲学では最終的はApple社はキャリアーになるしか道はないのだろう。

The War in the Clouds : How Mas­sive Data Cen­ters will Change the War Venue・雲の上の戦争 : 巨大データセンターがデジタルコンテンツの新たな戦場になる”  writ­ten be me in June 2010. The War Room : Google vs Apple, Microsoft-Apple ReAl­liance and the Com­ing Apple Search Engine writ­ten by me in Jan 2010.

私が2010年一月と2010年6月に書いた記事も合わせて読みください。

Some infor­ma­tion must have leaked to EU car­ri­ers that Apple may announce a new phone next year with rev­o­lu­tion­ary new tech­nol­ogy.  As I have writ­ten ear­lier and said many times Apple is “one com­pany one world”. It just goes not  dif­fer­en­ti­ate the  prod­uct for a spe­cific region. There is only 1 OS X and 1 iOS, your iPhone bought in Paris is the same iPhone you buy in Tokyo, there­fore avoid­ing the mess many soft­ware and hard­ware com­pa­nies run into prep­ping and pack­ing dif­fer­ent iter­a­tion of the same product.

SIM and microSIM over­lay from http://blog.pc-logon.com/

So the new iPhone 5 may have SIM tech­nol­ogy, a unique com iden­ti­fier apart from the hard­ware IMEI num­ber EMBEDDED into the phone. This is how it works.

You buy a phone online thru iTunes store, you receive the phone at home and acti­vate the phys­i­cal phone just like you do now. You BUY a car­rier of choice online with ser­vice of choice (and num­ber of choice) and off you go.  A user can, (if geo­log­i­cally)  pos­si­bly switch car­ri­ers every month and so forth.

Things do not stop there. Apple can COLLECT com­mu­ni­ca­tion pay­ments from the end user and charge a fee for this. Apple can setup a site for the end user to auc­tion attrac­tive num­bers (888‑8888), Apple can sell new ser­vices thru it’s App. As I have stated ear­lier the data cen­ters Apple is build­ing in a few loca­tions are an inte­gral part of this. Apple needs to do this to fight the “The War in the Clouds : How Mas­sive Data Cen­ters will Change the War Venue・雲の上の戦争 : 巨大データセンターがデジタルコンテンツの新たな戦場になる”  writ­ten be me in June 2010. The War Room : Google vs Apple, Microsoft-Apple ReAl­liance and the Com­ing Apple Search Engine writ­ten by me in Jan 2010.

So things will get inter­est­ing, and Apple is likely to come out ahead again.

 

弊社は今年もInterBEE国際放送機器展示会にブースを2個だし出展しました。不景気だと言われる日本ですが、何故かここだけは凄い勢いで人が最新技術を展示していました。弊社はiKan製品(デジタル一眼ムービー関連製品)とAtomos(ProRes Codec入り小型キャプチャーストーレッジ)を展示、大盛況でした。

 

色々と展示しています。これは国産ピエゾモーターを入れたフォローフォーカスのEOS5DmkIIとiKan Rig

 

Some peo­ple just don’t get it.  Its time now to drop your pants and leave.

© 2009-2011 Copyright Hideki Francis Onda 著作権所有者 恩田 フランシス 英樹 高周波マガジン High Frequency Oscillation Suffusion theme by Sayontan Sinha
This site is protected by WP-CopyRightPro