前日北九州でのジャム風景。何も合わせなく初対面のミュージシャンと弾き始めた風景。中島さんと木原さんと末松さん@Mediaplanetスタジオ、北九州。二次会もこんな感のセッションでiRig+Aplitude紹介すれば良かったと反省。@namiesさんがiPhoneで撮影。ありがとう。本当に音の合わないギターなのでチョーキングで音程を維持すると聞ける音が出た。でももうビデオカメラはいらない、iPhoneでこれだけの音と映像がyoutubeにアップできるので凄いと思った。そう追加電池ケースMophie Juicepack等を持ち歩くだけで電話+ハンディカム分の仕事はする。PS : これぶつけ本番ただのジャム、私のコード変化に多分他メンバーに聞こえず雑音になっている場面もあり見苦しいですが。。。EからAに移行しようとしたのですが。。

明るいところの撮影では問題なく使えたNEX5SEL18200レンズワンセットを持ち週末AUGM福岡へ参加。今回は前夜祭や会場でプレゼン中、二次会会場と暗い場面が多く、NEX5とf3.5からのレンズでは厳しい事が分かった。昼間はA設定等で簡単に良い写真が撮れるが。。。

今回大変お世話になった北九州Mediaplanetの末松社長と会場の九州産業大学。末松さんのヘルプが無ければ会場音声も二次会のライブもうまく行かなかっただろう。本人も画期的なiMovie用サウンドトラックソフトiBGMも発表。

当日同じ日生まれの林さんのバッグは。。。。。ム〜 こんな感じ。

明るければズームでf値が下がってもちゃんと撮影できる。杉山さんとMikuraTVさんが連れてきた#daimyouチームのUstreamは音声も映像も素晴らしかった。全員プロの仕事をしている。

社員にNEXを渡し、写真を撮ってもらうが。。。この辺は大丈夫。

当然ネストされたメニューをいじれる訳でもなくオートモードではシャッタースピードが長くなりぶれる。

話は違うがこの男、向谷実さんは凄かった。音楽を愛し、Macを愛し、鉄道を愛し、尊敬されエンターテイナーとしては日本一の面白い人だ。勿論天才キーボード演奏者でカシオペアのメンバーでもある。

音楽はショービジネスと色々と教えているところ。ここ重要

何回見ても信じられないソロをiPadでやってしまう。

二次会の会場は暗く、NEX5はオートモードでは社員の松浦君は設定方法も分からないし、NEXではメニュを出さなきゃ行けないので不利だな。

こんな大事な写真も失敗している。向谷さんと長崎から駆けつけてくれたSandy Tripのカズ君。そう@hosinityと一緒に歌舞伎町の女を演奏した。

 

ごく近い友人の前でしか歌を歌わないAppleの重人Macお宝鑑定団Danbo会長(@idanbo)こと山田昇さんがAUGM福岡二次会で参加された方々の前でGreeeeNの「キセキ」を熱唱しました。キーの高い難しい曲で、私もギターを弾かせていただきました。バックは北九州UGのKeyboard  @t_Kihara , Bass @NRG_PLUS , Drums @t_suematsu さんです。この席に日本フュージョンの神様@minorumukaiyaさんも同席、@idanboさんは「あ、向谷さんはもうお帰り下さい」とギャグを飛ばしています。この後「ぶれない男」はじゃんけんマイスターの公務も無事終えAUGM福岡はホークス優勝と幸せな中州に散っていきました。ビデオ撮影はhttp://ameblo.jp/perkup-ot/さん

ギター音合ったいない? 北九州で使われていないギターを借り、新しい弦を張りましたが開放とフレットが音程違う。。とか 汗)

山田さんは当日ステージに呼び出すまではこの事を知りませんでした。私も前日までこの曲を知りませんでした。(youtubeで初めて聞く)、カラオケも行かないし邦楽も聞かないし。。ギターはチューニング合わない、PA1個でベース、キーボード、ギターを出力しており、iPadにエフェクトから出てくるエフェクト済みのギター音は解像度が低く変な音でした。即席バンド、即席機材でちょっと無理がありましたね。ライブをやる事もちゃんと計画されていなかったので。。。次回はちゃんと

とかいい訳ですが、山田さんが歌うのが珍しいのでアップです。お見聞苦しい点もありますがお許しください。。。

 

先週は台湾デザイン展だったが、今回はタイデザインが展示されていた。家具や一般生活に近いものが多い。中には導入する人の心理を想像させるものも。大型でメジャーな展示ではありませんが、お時間があったら是非見てください。写真は全てNEX5 and SEL18200で未調整、Automatic Mode

仲の悪い夫婦の椅子(前後向かい合わずに座る椅子)

仲の良い夫婦の椅子。

ホログラフィックではないが、模様が浮き出るタイル。

和む展示ですね。タイの優雅な生活が伝わってきます。

 

私はソニーの回し者ではありません。SONYカメラチームの人も知りません。機材全売り払いLeica M9を買ったとき、唯一保管しておいたのがNEX5本体。SEL1855レンズも、同封されていたパンケーキも売り払いました(あまりにも酷すぎた)。以前お伝えしたSony ビデオカメラNEX-VG10の標準同封レンズがSEL18200。これが良い。軽い、27mm-300mmズームでNEX5の電子機能が全部使え、ビデオも撮影可能。これ歩きながらやタクシーからの撮影で全く時間をかけていない写真だ。町取りスナップに最高。300mmズーム+手ぶれ補正で瞬間も逃さない。普段色をVIVID設定にしているが、この撮影は全てStandard のまま。

今日TUMIへ買い物ついでに撮影。加工無しの標準撮影のサンプルを数点ご覧ください。どこでも素早く確実に写真を残せるオールラウンド記録型。今週末の福岡はこれで行きましょう。No Leica, No EOS, Only SONY !

 

「458がハードなドライブで炎上した」問題で、日本でも運輸省へ正式リコール申請がされ作業が始まった。実はこのリコール、何が理由で1355台中3台が炎上したか突き詰めるのに相当手こずったと見られる。結果として理由は後部タイアハウジングの内側に張られる断熱材取り付けに利用されていた「のり」が原因。3台とも完全に後部が燃えており「のり」が原因と分かるまでは実車であらゆるテスト、もしくはコントロールされた環境で「発火するまでも待つ」テストをしたに違いない。

一番大きな問題は458が非常に今までに無いパワーを持ち、エンジン中心を458に比べ低く構えている事だ。これに伴いエキゾースト マニフォールドと触媒が430に比べタイアハウジング近くに存在する事だ。ガソリンが燃えたエンジン熱の大半はエキマニから触媒に吹き込まれ、エンジン全体で一番熱い触媒がタイアハウジングすぐ裏にある。その熱を遮断するため「のり」でタイアハウジング裏に取り付けられている熱シールド、この「のり」が「気化」し、熱で炎上する事が判明したらしい。

しかしフェラーリ社にとってもユーザーにとっても本当に「痛い」話だ。当たり前に使われる「のり=数百円」の材料で3000万円の車が燃えてしまうのだから。この件、発射時断熱材落下、帰りの大気圏突入時炎上したスペースシャトルの悲劇を思い出す。少なくともこの問題でフェラーリはケガ人を出していないだけ不幸中の幸いだと思う。

メタルメッシュで見える部分が触媒。排気ガスをフィルターし公害を減らす役割をする物で、車両外部ではエキマニに続き高温になる部品だ。

作業はきわめてアナログで、外されたハウジングから断熱材を引き剥がし、「のり」が残らないように作業をする。多分交換パーツでもできたはずだが、時短とコストを考えたら人の手をかけた方が良いと判断したのだろう。

引き剥がされた「のり」付けの断熱材。

こちらが新しい断熱材

これを全て「リベット」という「釘」で取り付ける。

「のり」取り外し加工の終了したリアタイアハウス。リベットを打ち込む「穴」も見て取れる。

お邪魔したのは目黒のロッソスクーデリア。2011年チャレンジの説明会に参加しました。

 

仕事や仕事に追われて全然走れていない恩田君。今年もフェラーリトロフィー富士に参戦 (*゚O゚)ノ ヤッチャルワイ!!

iPadから始まり休みをくれないAppleの新製品攻勢 (゚ー゚;Aアセアセ

ゆぅ☆さんを始め、仲間全員がポルシェへ行ってしまも〜た オーマイガwww Mikeのせいだ〜

ゆぅ☆ブログを見ながら「いいな〜」と思いきや、このハイレベルな競争と日程、テクニック、金銭のコミットメントの次元が違いすき。私はひたすらフェラーリで自分との戦い (*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

着実にスキルアップを目指し、数年後には上位でバトルが出来るよう ((((((ノ゚⊿゚)ノマジッククリン

考えるだけでわくわくだ d(@^∇゚)/ファイトッ♪

ゆぅ☆さんのサイトはコチラ、何時Dark Sideに行った仲間の活躍を見て、よだれを出している私です、ゆぅ☆スタイル、パクってみました。ゆぅ☆さんを含め、皆最高の人たちです、応援行かなければ。次はF1サポートレースで鈴鹿。。ポルシェは走る。来年のF1セパン、上海&鈴鹿はフェラーリでサポートレースに出るぞ〜 w…(ノ゚⊿゚)ココ重要w』

 

Sony NEX5ダブルレンズキットを購入したが、Leica M9とNoctilux 50mm 0.95の為に所有するEOS7D、Panasonic GH1GF1と関連するレンズ全て+あまりにも酷いNEX5パンケーキとSEL1855レンズを富士やカメラに引き取ってもらった。NEX5本体だけは残し、Leicaレンズで使用ていた。そんな中Sony NEX-VG10ビデオを購入したらSEL18200レンズが同封されていた。(NEX5購入時このレンズも注文していたが、NEX5他のレンズの酷さに懲り、キャンセルをしていたものだ)

しかしこのレンズをNEX5でテストしたらかなり使える事が判明。Made in Chinaだが18mmから200mm(35mmで27mmから300mmまで)の万能レンズでこの一本は想像できるシチュエーションを全てカバーできるの。広角、自動AFで軽量だ。

武器のように大きなレンズと本体はミスマッチだが問題なく使える。

こちらはSEL18200レンズで27mmの広角f3.5

こちらはCOSINAの12mmで18mm相当、F5.6、やはり暗い(未調整)

 

なんか窓の外が奇麗、遊びに行くと和紙キャンドルで埋め尽くされていた。9月26日まで東京ミッドタウンで。一番目の写真のビルが弊社です。

 

申し込みはこちらから 定員200名なのでまだまだ余裕。私もプレゼンします。

「九州各地でAUGMを開催してるけど、なぜか福岡県での開催は無いね」

という話から、是非福岡でイベントをやろうと言う事で、今回二回目(ずいぶん前に一回やってました(^^ゞ)となる #AUGM­Fukuoka を開催することとなりましたのでご案内申し上げます。

今後 毎回 AUGM Fukuoka では、テーマを決めて開催する予定ですが、記念すべき再開第一回は「音楽と映像とMacと」と題して、音楽・映像を大フューチャーしたAUGMにする予定です。
iMovie や uStream の解説に加え、開発中の音楽アプリや、気になる著作権の話などが予定されてます。

【ニュース!】カシオペアの向谷実さんも参加!!

※この応募とは別に このイベントを手伝って頂けるスタッフの募集をこちらで行っています。スタッフとして参加頂ける方は、このページに加えて、スタッフ応募のページにも登録願います

場所 : 九州産業大学芸術学部15号館 2F 15201教室 (←重要 会場の階が変更になりました!)

日程 : 9/26(日) (12時開場 〜 17時 )

内容 : 九州産業大学芸術学部デザイン学科での映像への取組紹介
音楽アプリケーション発表(北九州マックユーザーズグループ)
音楽著作権に関する講演(北九州マックユーザーズグループ)
Ustream実践講演(iFukuoka)
ゲストスピーカ: 向谷実氏(「 カシオペア」キーボーディスト、http://mukaiyaclub.com/)

懇親会 : 会場を変えて、大名のガレリアで実施します。(【重要】別途申し込み必要です!!)
(申し込みはこちら!!)
こちらでも、色々な方のプレゼンが出来る準備をしてます。
ライブ等も予定してますので、楽しみにしてくださいね!

会費 : 無料(懇親会は 4500円(予定))

放送 : イベントをライブ・ストリームする予定です。顔出しOKが参加の前提となります。

写真 : コチラも自由に撮影下さい。参加される方はブログ等でイベントの写真が利用されることをご理解の上参加下さい。

主催: AUGM福岡運営事務局
協力: 北九州マックユーザーズグループ, 他
後援: 九州産業大学芸術学部デザイン学科
参加UG: iFukuoka, 北九州マックユーザーズグループ, Macお宝鑑定団

 

今日は会社一階のカフェをバックにドラマ撮影?なんか見た事の無いタブレットをいじくり回るカップルが主人公らしい。明らかにiPadではない。例のnobiさんデモで使われたT社のタブレットなのか?そんな所へiPhonegrapherの三井さん登場。そう、この人にそそのかされて0.95とか買ったので、人生を狂わせた罪で有罪を宣告、物的証拠を突きつける場面も。なんかお願いごとでも?あれお友達もご一緒、そんな中抜け出し458イタリアのリコール終了車両を引き取りにコーンズへ行く。あらま、フェラーリ本社からお詫びの手紙と腕時計プレゼント。。全世界でお詫びとして配っているそうな。。。リコールが終わったので「燃えないイタリア」に変身した車両で富士スピードウエーを9000回転行くぞ〜

© 2009-2011 Copyright Hideki Francis Onda 著作権所有者 恩田 フランシス 英樹 高周波マガジン High Frequency Oscillation Suffusion theme by Sayontan Sinha
This site is protected by WP-CopyRightPro