WWDC予想その後

WWDCも大きなサプライズ無く終了し、私が書いた記事「iPhone hd 発表まで4日、2010 wwdc ジョブス・キーノートを恩田が予測する」の予想「Video映像、Geotagと顔、音声、文字認識を最大限に利用した全く新しいソーシャル・ネットワーク・システムを提案する。BingとFacebookにも連動する。このVideo SNSはUstream w/twitterとYouTubeにFacebookを足した物となるだろう。Appleは完全に自分のエコシステム内でしか存在できない複雑な物を提供するだろう。当然ASN (Apple Social Net work) から他へのフィードは可能だろうが、ASNは外からのフィードは受け付けないだろう(その必要が無い)。Steveは「SNSは今混乱している。発言の元も解らない、本人かどうかも解らない、また毎回色々なユーザー名、ハンドル名で一人のユーザーがコミュニケーションしている場合がある。このまま続けばSNSは崩壊するだろう」と言う。」は実現しなかった。

少なくともAppleは小さななインターネット会社の社名を購入し、Face­timeを製品名(正確にはファンクション名だがAppleサイトにはアイコンも無く、意味する事はこれが今後Appleの大きなサービスの核になる可能性を秘めていると考えられる)にした事で、総合依存するレベルでFacebook社とのAppleソーシャルでの連動は今後あり得ない事が明かされた。(Faceが付くありとあらゆる名前を押さえなかったのはFacebook社の大きな失態だと今後なるだろう)Facetimeを核にAppleは完全に独自のソーシャルメディアを提供する事が明らかになったと言っても良い。

下記で述べるインターネットインフラの問題やOS待ちが理由だと推測される。

iPhoneのリークはコントロールされていた?

当然アンテナで覆われたステンレスフレームや、ガラスを素材にしたケースは大きな反響を呼ぶはずだったが、既にリークされたのでインパクトは失われた。WWDCでSteveはステンレスのフレームがアンテナだと説明したが、iPhone 4のカメラ部分にメタルリングがあるのはGPSアンテナ? Appleは多くの歳月と開発人員を時期iPhoneにあてがった事は間違えない。HTCと比べても、比べ物にならないほど画期的な製品である。プラスチックより豊富で簡単に手に入り、加工できるガラスとステンレスを使った事も見逃せない。

それなのに何故あのようなリーク劇が繰り返されたのか?私が話した関係者も今回のリークの中にはコントロールされたリークもあったと信じる人も少なくない。2月にHong Hai工場で初リークが起こり、その後複数回リークが繰り返された。今までの常識ではあり得ない多さだ。

積み木型アナウンスからの脱出

WWDC後自分に聞いてみる。。「今Appleの一番凄い事は何か?」一番凄い事はAppleは焦らず、自分のタイムラインで製品やサービスを発表できるだけのアドバンテージをここ数年で他社より得た事実だ。Appleは大きな計画を一レベル一レベルアナウンスするのではなく、ドーンと一気にアナウンスする余裕を得たのだ。以前であれば細々した未熟なテクノロジーを繋ぎ繋ぎでアナウンスしてきた経緯もある。実際日進月歩のテクノロジー業界、HP, Dell, SonyやMicrosoftのような大企業は今でも積み木型発表を繰り返している。全部の玉が揃うまでアナウンスをしない事が凄い。


iPadにカメラが付かなかった理由

当初iPadは当然カメラ付きだと考えられていたが、発表されてみるとカメラは無く、Wifiと3Gの出荷時期も絶妙にズレていた。何で?事情通によると「Steveが決めた」との一言。この一言に深い深い意味がある。それは製品の販売をマキシマイズしたいAppleの心理戦略だ。私自身のストーリーと完全に一致する。早くiPadは欲しい、買えるのはWiFiだけ、即座に購入。数週間後3Gが出ればそれも買う。このパターンで2台購入した人は少なくないと思う。そう、「カメラがないので買わない」という選択は存在しなかった。私や周りの知人も数ヶ月後カメラ付きが出ればそれも買うのは間違えなく「製品セールズをマキシマイズする」天才的計画なのだ。それだけではない、初代iPad価格、当然5メガカメラやフラッシュを付ければ価格が高くなる。競争相手のいない市場でカメラを付け、値段を高くする意味が全く無い。またFacetimeやカロライナのセンター用ソフトが稼働していない今その必要性も無い。

iPadの電池は低密度で安価大型な物を利用した理由は?

iPadに使われている電池は低密度で大型な物を利用している。iPadの大きなスペースを低密度の電池で埋めた理由は、手で持った時の重心を計算した上の事だと思う。iPhone等で利用されている高密度電池を利用すれば当然価格も高くなり、普通のユーザーが一日の利用で必要としないバッテリーライフを与えてしまう。また片手で持った時のバランスを重視したのだろう。

ハードウエアーコンパニーからサービスコンパニーへ、そして全てにカメラが付いた

そう、だからWWDCのような場所ではなく、Appleが選んだ時と場所で「Unified Prod­uct and Ser­vice Company」としてAppleの一大発表が一年以内にあるのだろう。だんだんその要素が揃ってきている。当然私が昔から騒いでいる一番核となるノースカロライナの1,000,000,000ドルのデータセンターがこれを可能にする。AppleはChad HurlyとSteve Chenの下でYouTubeを開発した“X氏”が既にYouTube killerを開発しているという。Facetimeを核にした新たなサービスは我々の世界観を変える。先日発表されたApple MailやFind My iPhoneのアップデートを含むMobile Meはカロライナの5%程度しか今後も利用していなく、この大きな発表で全てのパズルが完成するのだろう。Apple OS 4.0ではなく、4.1で大きな大きなApple Big Bangが発表されるだろう。4.1に合わせてiPadとiPod touchにカメラが付くだろう。

Apple成長への障害となるネットインフラの崩壊

私は既に14日間米国にいるが、去年と違いどの場所へ行ってもインターネットの速度が遅く感じられる。最初はサンフランのWホテルやOCのWestinが悪いと思っていたが、AT&Tの3G回線も遅いと思った。ネットワークインフラの専門家と会食し色々と聞くと米国内で大変なことが起こっている事を知る。

クラウドの日常化、インターネットアプライアンスの増加、AppleのiPhoneから始まりAndroidの普及に伴いアメリカのインターネットインフラの崩壊が始まっている。多くの人がAT&Tは電波が悪いとかインフラが悪いとクレームをするが、実はこれiPhoneのせいだと言う。他の米国キャリアーSprintの代表の話では「もし弊社がiPhoneを扱っていれば弊社の回線速度も今のAT&Tと変わらないだろう」と知人に述べている。また米国のファイバー主回線が集合するハブでは、外部リングまでファイバーだが内部で結合する部分は独禁法等の理由から政府管轄の低速回線ファイバーで繋がれており、「インフラファイバー網」を跨ぐ場合速度が劇的に低下すると言われている。このままマルチタスクで起動するiPhoneが全土に広がると恐ろしいことになる専門家は注意している。

Case in point : あれだけ緻密に専門集団がサポートし行われたSteveのWWDCキーノートでさえデータパンクでSafariのブラウズが出来なかった。この問題はAppleがコントロールできない、キャリアもコントロールできない大きな問題なのだ。

Case in point : AT&TでGoPhoneを購入し利用しているが100kデータが19.95ドルだ。購入時AT&Tの人間に「iPhoneでは使うな」と言われた。その大きな理由はGoogle MapsやGeolocationだった事が判明。Echofonや4SQではあまりデータは使わないが、iPhoneのGeotagリフレッシュレートがかなり強烈であっ言う間、数時間で100kのデータは無くなってしまった。空港でMiiFiiを借りるべきだったと後悔している。

Band­width Demands Exceed­ing Inter­net Infra­struc­ture Invest­ment 2007年の記事

Inter­net Infra­struc­ture Prob­a­bly Unpre­pared for Mul­ti­me­dia Demands 2008年の記事

多くの専門家は2007年あたりから「現在のインターネットインフラでは2010年以降ネットは深刻な障害が起こり、数年後インターネットの速度が低下し大きな障害が起こるだろう」と予言している。その崩壊がクラウドとiPhoneで確定的になり、今キャリアー各社は何の対策も立てられない状態にいる。AT&Tのデータ無制限解除もこれらの理由が背景にあると言われている。Nemertes Researchでは早くからインタネットインフラ崩壊の危機を忠告している。最近の記事でもApple iPad, iPhoneやAndorid製品がインターネットインフラ崩壊の理由となると強調している。

AT&T Data Caps High­light Impor­tance of Appli­ca­tion Deliv­ery Optimization

Apple, Sprint High­light Access Limitations

Apple iPad Sales Sig­nal Trans­for­ma­tive Power of Con­sumer Electronics

3G経由でファイバー網が多く使われる現在や未来を考えると光ファイバーインフラへの投資は絶対に必要である事が実証される。特に多くのデータセンターや映像のストリーミング利用者が増えることを考えるとなおさら必要だ。

AppleがWireless Com­mit­tee多種に参加している理由

過去AppleはIEEEIEEE1394という企画を世に広めた。(IEEE(アイトリプルイー、The Insti­tute of Elec­tri­cal and Elec­tron­ics Engi­neers, Inc.)は、アメリカ合衆国に本部を持つ電気電子技術の学会である。)現在Appleは1394以後活発に参加した事の無い無線電や次期インターネットインフラの学会に参加しているという。参加する事で発明を押し進め、提出社隠すことが出来るからだ。AppleはFacetimeやノースカロライナのインフラをアナウンスする前か同時に新しいインターネットインフラ(一部かもしれないが)を提案するのかもしれない。独自のIPルーテイング方法をLTE方式に埋め込むとか可能性は無限だ。大量のデータを扱うVideoベースのショーシャルでは他のインフラが崩壊しても生存できるサービスを目指す必要性がある。その場合Akamaiに似た独自のサービス+ワイアレスサービスのハイブリッド型製品を展開するかもしれない。

 

WWDC内部の写真等は報道禁止なので、セッションの写真と記事は書けません。ご了承ください。さて、私の予想は大幅に外れ、iPhoneはHD ではなく4と番号が付けられた。これはこれから世界中で始まる4G通信やAndroidの勝負電話EVO 4Gと同等を意味する必要性からかもしれない。

iPhone 4のボデイー横を覆うシルバーの金具は全部アンテナになっており、マルチバンドをサポートする物らしい。

UMTS/HSDPA fre­quen­cies: 850, 1900, and 2100 MHz, which are the three main GSM 3G fre­quen­cies in the West­ern Hemi­sphere. 900 MHz UMTS/HSDPA is fairly wide­spread in the East­ern Hemi­sphere, includ­ing in New Zealand — the only wire­lessprovider who directly sells the iPhone here in NZ, Vodafone, oper­ates its extended 3G net­work at 900 MHz. With the iPhone 3G and 3GS, this meant that the iPhone was inca­pable of access­ing Vodafone’s 3G net­work out­side of down­town areas served by 2100 MHz net­works, and it had to fall back on GPRS — which is so slow it’s nearly unusable. iPhone 4 has a penta­band antenna/chipset (although the Apple specs page only lists four, the FCC lists five bands), mean­ing it works not only on the GSM fre­quen­cies the ear­lier iPhones did, but it also now sup­ports 900 MHz UMTS/HSDPA. This increases the util­ity of the phone by a great deal for many inter­na­tional users, many of whom (includ­ing me) will now have access to extended 3G net­works for the first time with iPhone 4. The antenna in iPhone 4 also means it’s now a true “world phone” — with access to GSM 3G over dif­fer­ent fre­quen­cies, iPhone 4 should be able to con­nect to vir­tu­ally any GSM 3G net­work in the world now (with the notable excep­tion of T-Mobile in the US). (from TAUW.com)

このアンテナ部分、メタル製品なので傷が付きやすいのでAppleはバンパーズ(車のバンパーと同じ意味)のコーナーガードを販売している。

今回の印象は丁寧にiPhone 4Gを紹介した事とFacetimeなる物が新しく追加された事。このFacetimeは前方と後方のカメラでビデオチャットが出来るというもの。勿論これが怖くてAT&Tはデータプランを無限から有限にしたとおもわれる。しかしこのFacetime, Facebookを将来攻撃するからなのか、それとも連動するかなのかが楽しみだ。。こんな名前にした理由はちゃんとあるのだろう。

FACETIME

今回のプレゼンから未来を予想するのであれば、このブログでの予想記事を読んでもらいたい。FACE BOOKは顔の本。FACE TIME は顔の時間。双方の表現は過去と未来を意味する。FACE TIMEが一番弱かったリアルタイム性を全面にAppleは出したかったのか?

私が予測した内容は来年の一月まで見送るのかもしれない。今年まずは電話機とiOSをちゃんと出して、ゲーム開発用APIを強化して任天堂DS、ソニーPSPマーケットを狙う事らしい。

Appleのページでは内容をこのように説明している。この要素を単独でとると「世界初」は無い。古いテクノロジーを「ちゃんとインテグレーションした」と言う感じだが、私が前期時で予想した「Apple SNS」の土台になる事は間違いない。

ところで昨日のプレス開発者ディナーでも多くの日本からの渡米者がMiFiを持っていた。一日1500円でネット使いたい放題はいいな。でそんな方々がWWDCキーノートで前代見物の電波障害をSteveのデモ中ステージ機材にトラブルを起こさせたらしい。5000人中570人がWifi/3Gを飛ばしていたと考えられ、ステージの3GSがうまくWeb閲覧できなかった。次回は写真もWifiも禁止かになる事確実ですね。。今回のWWDCではUstream社にお願いし、Ustreamサービスも基調講演中は止めさせたらしい。いや、ご苦労さん。

Facetime(これだけアイコンが用意されていないのは何故?)

かつて誰もが「未来の電話」としてイメージしていたものを、iPhone 4がごくあたりまえのものにします。ビデオ通話が、いよいよ登場です。画面をタップするだけで、出張先から自宅にいる子どもたちに手を振ったり、国境を越えて笑顔をかわしたり、仲のいい友だちがあなたの話で大笑いするのを見たり。Wi-Fiネットワークを経由したiPhone 4同士でのビデオ通話は、特別な設定もソフトウェアも一切不要1。箱から出したら、すぐに使えます。かけるのがこんなに楽しくなる電話、他にありますか?

Retinaディスプレイ

iPhone 4のRetinaディスプレイは、最もシャープで、最も鮮やかで、最も解像度の高い携帯電話のスクリーンです。ピクセルの数が、一世代前のiPhoneの4倍になりました。ピクセル密度がとても高いので、人間の目ではひとつひとつを識別できないほど。このピクセルが、くっきりとシャープなテキストと、驚くほど鮮烈なグラフィックスを映し出します。

マルチタスキング

iPhone 4は、マルチタスキングに、まったく新しい方法を採用しました。他社製アプリケーションにも対応し、複数のアプリケーションを一瞬で切り替えることができます。使用中のアプリケーションのパフォーマンスを低下させたり、バッテリーを浪費することはありません2。iPhoneならではの、より賢いマルチタスキングです。

HDビデオ撮影&編集

オリジナルムービーも、これからはHD画質で撮りましょう。先進的な背面イルミネーションセンサーとLEDフラッシュを内蔵したiPhone 4なら、十分な明るさがない場所でも鮮明な映像をとらえることができます。新しいiMovieアプリケーションを使えば、撮ったばかりのビデオをそのままiPhone 4で編集でき、Appleがデザインした様々なテーマ、タイトル、トランジションも加えられるので、手のひらの上であっという間に名作が完成します。iMovieアプリケーションはApp Storeでまもなく購入できます。

LEDフラッシュのついた5メガピクセルカメラ

LEDフラッシュのついた新しい5メガピクセルカメラで、より美しく、より精細な写真を撮ることができるようになりました。先進的な背面イルミネーションセンサーも内蔵しているので、十分な明るさがない場所で撮った写真も抜群の仕上がりです。新しく搭載されたフロントカメラを使えば、簡単にセルフポートレートを撮ることもできます。

http://www.tipb.com

Specだけ見ても多くの昨日差別は語られていないので注意。IPディスプレイ等では他社を圧倒的にリード。日本でもiPhone 4発売後は同器機がSony Experiaの売り上げを奪い取るのは間違いない。3GSも続ける事で底辺を押さえられる。

 

タイトルで大文字を文字1個に1個しか使えないのでiPhone HD は小文字だが、正式時期iPhoneはiPhone HDだと思う。これはAVCHDやら3D HDの世界でリーダーシップ製品となるために最低限必要なネーミングだと思う。 私も急遽明日より渡米し、WWDCに参加する事にした。Steveのキーノートも見たいし、一番乗りでiPhone HD を見たい。iPadもワクワクしたが、やはり電話機は利用頻度がiPadより多く、身近に感じる製品だ。今回はサンフランだけでなくロスにもより数十のメーカーと数百の友人(嘘)に会い、遊び仕事する(私の遊びは基本的に仕事なので)。

予想:ネットで出回っている一般論からはなれ、長年の経験から私だけが出来る予想をしてみた、外れて当たり前だが。。順不同。多分多くの内容は未来の物で今回の物ではないかもしれない。しかしGoogle I/Oでに発表に対抗するには、Googleの発表を一個一個たたくのではなく、先へ行くビジョンとエコシステムの発表が重要だと私は思う。

私が前の記事

The War in the Clouds : How Mas­sive Data Cen­ters will Change the War Venue・雲の上の戦争 : 巨大データセンターがデジタルコンテンツの新たな戦場になる

ではどんな製品やサービスが出てくるか英語で予想をしている。最近Appleはこれらの会社を買収している:

Decem­ber 4, 2006 Prox­im­ity Soft­ware Aus­tralia [29]
April 24, 2008 P.A. Semi Semi­con­duc­tors United States US$278,000,000 [30]
July 7, 2009 Place­base Maps United States [31]
Decem­ber 6, 2009 Lala.com Music stream­ing United States US$17,000,000 [32]
Jan­u­ary 5, 2010 Quat­tro Wireless Mobile adver­tis­ing United States US$275,000,000 [33]
April 27, 2010 Intrin­sity Semi­con­duc­tors United States US$121,000,000 [34]
April 27, 2010 Siri Soft­ware United States [35]

Wiki Apple Acquisitions

AppleはWWDCや他のキーノートを行う時、ジョブスが本番壇上に立つ数時間前まで、限られた関係者とリハーサルを行い、数分前に最終出演者、発表内容を決める(スライドとサードパーティ、スタッフの選定)。最終的に個別部屋で待機を命じられる数名のサードパーティーは、最初数百から選ばれるが、20社に絞られ、当日はイベントの趣旨にもよるが2~3社に絞られる。(急な飛込みもあったりする)AppleはDeveloperを大事にする会社だ。昔は下手なMacWorldよりWWDCの方が内容の濃い話が多かったが、もう既に時価総額でMicrosoftを追い抜いた会社、完全にHE (ジョブス) CAN DO WHATEVER HE WANTSだ。今回のキーワードはソーシャル、Geotag、広告とビデオ、ビデオ、ビデオだと思う。iPhotoのようなiVideo、ビデオを管理するアルバムソフト(ローカル)とサーバーサービスに私は期待している。

  1. iPadの驚異的販売台数やiPad用アプリのダウンロード数を披露するだろう。iPadのコマーシャルが放送されるだろう。
  2. Fox­connの問題も「弊社が賃金を上げた」と言うだろう。
  3. ユーザーが特定の場所で(Placebase)シェアしたコンテンツ・インデックスやミックス情報を利用し(Lala)誘導広告(Quattro)でコンテンツ(曲、本、雑誌、映画、番組やアプリ)を買(iTunes, App & iBookstore)買わせる機能を披露するだろう。
  4. SiriのAI機能で、データをGenius化し、ユーザーが選択しなくても予算を設定するだけでコンテンツを自動購入してくれる。またScullyのお得意Knowledge Nav­i­ga­torのビデオ見せるのかな?使うほどユーザーの癖を覚え自動化が進む機能を披露するかもしれない。
  5. AppleのNorth Carolinaの巨大データセンターの稼働を報告し、イギリスに同じ規模の物を作る話をするかもしれない、これはApple Socialに不可欠でAkamai等のインフラも利用するだろう(AppleはAkamai大株主)
  6. Video映像、Geotagと顔、音声、文字認識を最大限に利用した全く新しいソーシャル・ネットワーク・システムを提案する。BingとFacebookにも連動する。このVideo SNSはUstream w/twitterとYouTubeにFacebookを足した物となるだろう。Appleは完全に自分のエコシステム内でしか存在できない複雑な物を提供するだろう。当然ASN (Apple Social Net­work) から他へのフィードは可能だろうが、ASNは外からのフィードは受け付けないだろう(その必要が無い)。Steveは「SNSは今混乱している。発言の元も解らない、本人かどうかも解らない、また毎回色々なユーザー名、ハンドル名で一人のユーザーがコミュニケーションしている場合がある。このまま続けばSNSは崩壊するだろう」と言う。
  7. FLASHは開発者にとって関心と関わりの深い物だ。特にアプリ開発ではなくコンテンツ開発社が今回は多くアテンドする。iPadでFLASHが作動しない事で声明文まで出したジョブス。必ず再度採用しなかった理由を説明し、HTML5で驚く可能性のデモを誰かにさせるだろう。(この辺はサートパーティーにさせるのが一番安全、Appleが当事者にならない事、開発者が応援している事をマスコミに見せつける)
  8. Scottが出てきて新しいSDKと共に、まだ封印されているiPhone OS 4.0の素晴らしい開発環境と一般機能の話をするだろう。
  9. 「そろそろiPhoneの話をしないと」と言い、「でも皆さんはもう既にご存知ですよね」と言う。「でもまだまだサプライズはありますよ」と言う。5メガではなく8メガのカメラに期待。iPhoneのスペックは下を見てください。全部書いてあります。多分ジョブスはくだらないスペック比較は避けると思われる、数十社が毎月アナウンスするAndroidと年間1個、1社が発表する物を比べてもしょうがない。
  10. iPhoneが世界でいかに売れているかをアピールするだろう、この辺はのデータではAndroidと比べる事もあるだろう。
  11. 同時期にAT&TがAndorid EVO 4Gの取り扱いアナウンスがあるので「今回はAT&Tだけで満足しないユーザーの為に米国内何処でも使えるVerison Wireless版を出す事にしました」と言い、Verisonの社長が壇上にあがるだろう。会場は大きな拍手で埋まるだろう。  Verizon広報はインタビューでこれを否定。
  12. 電子マネーのアナウンスもあるだろう(非接触Visaカード)壇上にはVISA CARD Internationalの社長
  13. AR+AR Arti­fi­cial Real­ity + Aug­mented Realityのソフトとサービスがアナウンスされるだろう。
  14. Appleエコシステム内の電子広告媒体を宣伝するだろうが、WWDCは不向きな場所なので避けるかもしれない。
  15. 時期OS LionもSDK提供が始まるだろう(引換券か椅子の下、無理無理、5,000人だから)
  16. 米国本社勤務のGrey Pow­ellが壇上に登場するかもしれない(笑)。その場合ジョブスが完全に生死をさまよった後、性格が身内には優しく、変化したと確信してよいだろう。

写真はnowhereelseより

もう皆さんも新型iPhoneを見飽きただろう。中国に始まり、米国、ベトナムとポルトガルもとに配信されたビデオ、写真、解体やインプレッション。

先ほどtwitterで@SchaftII さんが

「もしこれらの予想が皆中したら(ある程度の命中でも)Appleはandroidとの差を更に拡げられるんだろうなぁ RT @HidekiOnda: WWDC予想…」とあり、

私は:

これは比べる物では無いと思う。独自のサービスをお互い提供して、2年後どちらに会社が市場のユーザーを自社のエコシステムで縛れるかだ。一回このようなエコシステムに縛られるとコンテンツ移動が不可能で、ユーザー離れは少なく、依存度は高くなる。twit­ter等が実証済み

と書き込んだ。。。。参考までに

リストをまとめたサイト The Smary­phone Warsより

  • Fold­ers, which are partly auto-managed by iTunes (e.g. it can auto­mat­i­cally put all your games in a “GAMES” folder)
  • In black and white
  • Box­ier design
  • Micro-SIM slot (no Min­iSim, as with cur­rent iPhone)
  • 16gig, 32gig and 64gig versions
  • Alumn­inum uni­body; how­ever, some reli­able reports of slighly remade matte alu­minium (or ceramic) back­side to pro­mote bet­ter call reception
  • Front fac­ing cam­era (2mp)
  • 5–10 megapixel cam­era on back (with LED flash); assume 5mp, and with geotagging
  • 720p video record­ing (HD video recording)
  • 940 x 640 display
  • based on dis­play and rumors, assume 300dpi view and abil­ity to print out screens (not reliable)
  • Mul­ti­task­ing (true mul­ti­task­ing includ­ing for non-Apple/third-party apps); note, with a front-facing cam­era and true mul­ti­task­ing this should cre­ate a mas­sive multi-billion-dollar oppor­tu­nity for new location-based start-ups. How­ever, there’s a few ana­lyst out­liers with cred­i­bil­ity who do not believe this fea­ture will appear in the iPhone 4G; I think it’s a fore­gone conclusion.
  • iAd, enabling more robust, fuller-page, inter­ac­tive video ads — what bet­ter to sup­port app development
  • Apple iChat included (Mobile iChat)
  • Improved bat­tery (Engad­get sug­gests 16% larger over 3GS; 5.25 WHr at 3.7V)
  • Faster speed (ARM Cortex-A9 proces­sor); think the A4, but improved
  • Updated SDK with over 1,000 new APIs, 100 new features
  • Uni­fied email inbox
  • An eas­ier choice for large busi­nesses, as it is to include improved data pro­tec­tion and larger-scale wire­less app deliv­ery for enterprises
  • iBooks (sim­i­lar to app for iPad; think Kin­dle for iPhone)
  • Lim­ited “Game Cen­ter” fea­tures — to begin by offer­ing abil­ity to post your scores on a leader­board to com­pare them with oth­ers; pos­si­bly also mul­ti­player games where the “Cen­ter” auto-links up like play­ers of sim­i­lar skills, intents
  • Noise-cancelling mic
  • Less than 5 grams heav­ier than iPhone 3GS
  • Home” but­ton along the side
  • Screen lock but­ton along same side

となる。またEU版はバッテリーが取り外し可能、Video Chatは3G/CDMA版だけでだとか?VerisonでもiPhoneが買えるのは私も確実だと思う。Appleは既にCDMA版1,000万台を注文していると私も聞いている。

写真はnowhereelseより


 
 

I have been writ­ing this arti­cle since March 17th, found it in my “not pub­lished” tray so I decided to fin­ish it today, There are dat­a­cen­ters and DATACENTES.   What is a dat­a­cen­ter ? Data cen­ter infra­struc­ture lay­ers are power, cool­ing, tele­com, data rooms and net­work oper­a­tions cen­ter. In May 2008, Jeff Dean spoke at the Google I/O con­fer­ence high­light­ing some infor­ma­tion on the inner work­ings of their dat­a­cen­ter and ambi­tious plans. With already 36 dat­a­cen­ter around the world in 2008 with over 200,000 servers, that is a lot.

Giz­modo

Here are some infor­ma­tion from Wiki on Google’s datacenter

Orig­i­nal hardware

The orig­i­nal hard­ware (circa 1998) that was used by Google when it was located at Stan­ford Uni­ver­sity included:[7]

  • Sun Ultra II with dual 200 MHz proces­sors, and 256 MB of RAM. This was the main machine for the orig­i­nal Back­rub system.
  • 2 × 300 MHz Dual Pen­tium II Servers donated by Intel, they included 512 MB of RAM and 9 × 9 GB hard dri­ves between the two. It was on these that the main search ran.
  • F50 IBM RS/6000 donated by IBM, included 4 proces­sors, 512 MB of mem­ory and 8 × 9 GB hard drives.
  • Two addi­tional boxes included 3 × 9 GB hard dri­ves and 6 x 4 GB hard dri­ves respec­tively (the orig­i­nal stor­age for Back­rub). These were attached to the Sun Ultra II.
  • IBM disk expan­sion box with another 8 × 9 GB hard dri­ves donated by IBM.
  • Home­made disk box which con­tained 10 × 9 GB SCSI hard drives.

Cur­rent hardware

Servers are commodity-class x86 PCs run­ning cus­tomized ver­sions of Linux. The goal is to pur­chase CPU gen­er­a­tions that offer the best per­for­mance per dol­lar, not absolute per­for­mance.[8] Esti­mates of the power required for over 450,000 servers range upwards of 20 megawatts, which cost on the order of US$2 mil­lion per month in elec­tric­ity charges. The com­bined pro­cess­ing power of these servers might reach from 20 to 100 petaflops.[9]

Spec­i­fi­ca­tions:

  • Upwards of 15,000 servers[2] rang­ing from 533 MHz Intel Celeron to dual 1.4 GHz Intel Pen­tium III (as of 2003). A 2005 esti­mate by Paul Strass­mann has 200,000 servers,[10] while unspec­i­fied sources claimed this num­ber to be upwards of 450,000 in 2006.[11]
  • One or more 80 GB hard disks per server (2003)
  • 2–4 GB of mem­ory per machine (2004)

The exact size and where­abouts of the data cen­ters Google uses are unknown, and offi­cial fig­ures remain inten­tion­ally vague. In a 2000 esti­mate, Google’s server farm con­sisted of 6,000 proces­sors, 12,000 com­mon IDE disks (2 per machine, and one proces­sor per machine), at four sites: two in Sil­i­con Val­ley, Cal­i­for­nia and one in Vir­ginia.[12] Each site had an OC-48 (2488 Mbit/s) inter­net con­nec­tion and an OC-12 (622 Mbit/s) con­nec­tion to other Google sites. The con­nec­tions are even­tu­ally routed down to 4 × 1 Gbit/s lines con­nect­ing up to 64 racks, each rack hold­ing 80 machines and two Eth­er­net switches. The servers run cus­tom server soft­ware called Google Web Server.

Hard­ware details con­sid­ered sensitive

In a 2008 book,[13] reporter Ran­dall Stross wrote: “Google’s exec­u­tives have gone to extra­or­di­nary lengths to keep the company’s hard­ware hid­den from view. The facil­i­ties are not open to tours, not even to mem­bers of the press.” He wrote this based on inter­views with staff mem­bers and his expe­ri­ence of vis­it­ing the company.

Data cen­ters

Google has numer­ous data cen­ters scat­tered around the world. At least 12 sig­nif­i­cant Google data cen­ter instal­la­tions are located in the United States. The largest known cen­ters are located in The Dalles, Oregon; Atlanta, Georgia; Reston, Virginia; Lenoir, North Car­olina; and Goose Creek, South Car­olina.[14] In Europe, the largest known cen­ters are inEemshaven and Gronin­gen in the Nether­lands and Mons, Belgium.[14] Google’s Ocea­nia Data Cen­ter is claimed to be located in Sydney, Australia. [15]

Project 02

One of the largest Google data cen­ters is located in the town of The Dalles, Ore­gon, on the Colum­bia River, approx­i­mately 80 miles from Port­land. Code­named “Project 02″, the new com­plex is approx­i­mately the size of two foot­ball­fields, with cool­ing tow­ers four sto­ries high.[16] The site was cho­sen to take advan­tage of inex­pen­sive hydro­elec­tric power, and to tap into the region’s large sur­plus of fiber optic cable, a rem­nant of the dot-com boom. A blue­print of the site has appeared in print.[17]

Summa paper­mill

In Feb­ru­ary 2009, Stora Enso announced that they had sold the Summa paper mill in Hamina, Finland to Google for 40 mil­lion Euros.[18][19] Google plans to invest 200 mil­lion euros on the site to build a data cen­ter.[20]

Soft­ware

Most of the soft­ware stack that Google uses on their servers was devel­oped in-house.[21] It is believed that C++, Java, and Python are favored over other pro­gram­ming lan­guages.[22] Google has acknowl­edged that Python has played an impor­tant role from the begin­ning, and that it con­tin­ues to do so as the sys­tem grows and evolves.[23]

The soft­ware that runs the Google infra­struc­ture includes:[24]

  • Google Web Server
  • Google File System
  • BigTable
  • Chubby lock service
  • MapRe­duce and Sawzall pro­gram­ming language
  • Pro­to­col buffers

Server oper­a­tion

Most oper­a­tions are read-only. When an update is required, queries are redi­rected to other servers, so as to sim­plify con­sis­tency issues. Queries are divided into sub-queries, where those sub-queries may be sent to dif­fer­ent ducts inpar­al­lel, thus reduc­ing the latency time.[2]

To lessen the effects of unavoid­able hard­ware fail­ure, soft­ware is designed to be fault tol­er­ant. Thus, when a sys­tem goes down, data is still avail­able on other servers, which increases reliability.

Catchup

Apple has been build­ing a MDC (Mas­sive Data Cen­ter) in Maiden North Car­olina, and is said to have gone into oper­a­tion already, but Apple has not made clear on how it is using it at this time. The 500,000 square foot facil­ity is five times larger than the Newark Cal­i­for­nia facil­ity (109,500 square foot, bought from World­Com @ 45 mil­lion, a bar­gain con­sid­er­ing it cost 110 mil­lion to build) it owns, is said to cost Apple more than 1 Bil­lion US dol­lars to build.

Named the iDat­a­cen­ter, many spec­u­late this site to house the cloud based iTunes and other ser­vices that Apple plans to deliver in the future.  With it’s own Newark and Cuper­tino data cen­ter sup­ported by addi­tional ser­vices from Aka­mai and Lime­light, why does it have to spend 1 bil­lion USD in North Car­olina? (The 1 bil­lion USD price tag is about twice what Micosoft and Google spend for their data cen­ter.) The answer is fairly sim­ple, it get a larger tax incen­tive from the state if a com­pany invests more than 1 bil­lion dol­lars over 9 years.

It is said that Eric Schmidt stole all the secrets from Apple dur­ing his days as a board mem­ber of Apple, but know­ing Steve Jobs, I  have a feel­ing that Steve would have picked Eric’s brains on how to con­struct, run and use a data cen­ter as well. I find it unlikely that Apple would launch such an aggres­sive invest­ment (yes, Apple’s data cen­ter is the biggest and most expen­sive in the cor­po­rate world) into data cen­ter if it did not have con­fi­dence on con­struc­tion, oper­a­tion, usage, return and investment.

For What?

On June 7th, 2010, Apple may unveil a new ser­vice of sorts that use the data cen­ter. Apple pur­chase of Lala and Quat­tro may have a direct rela­tion to the MDCs.  I am sure Apple needs iDat­a­cen­ter just to ful­fill the App  and iTunes store sales, so many more may be in the pipeline.

Many spe­cial­ists feel that data cen­ter is so large and close to Pen­ta­gon grade, that usage of this power can not be filled by iTunes, SaaS, Lala, Quat­tro, iPhone, iBook­store or the App store.

In an arti­cle in Cult of the Mac, they inter­view Rich Miller who is the edi­tor of Data Cen­ter Knowl­edge, an online trade mag­a­zine devoted to the data cen­ter industry.

CoM: First, any idea why Apple is build­ing this new data center?

Miller: Apple has said very lit­tle about the North Car­olina facil­ity, beyond the fact that it will serve as the company’s East coast data hub. Apple also has a West coast data cen­ter facil­ity in Newark, Calif. Local offi­cials I’ve spo­ken with say they believe the space is pri­mar­ily to sup­port Mobile Me and dig­i­tal con­tent for the iTunes store. The most inter­est­ing ques­tion is whether Apple needs a much larger facil­ity to sup­port growth in its exist­ing ser­vices, or is scal­ing up capac­ity for future offerings.

CoM: Could Apple be build­ing it for cloud com­put­ing apps — cloud ver­sions of its iLife apps for example?

Miller: One of the lead­ing the­o­ries about the size of the NC project is that Apple is plan­ning future cloud com­put­ing ser­vices that will require lots of data cen­ter stor­age. Cloud com­put­ing is a hot trend, and I’d be sur­prised if Apple isn’t think­ing hard – and think­ing dif­fer­ently – about cloud com­put­ing. Many cloud enthu­si­asts say that cloud com­put­ing will elim­i­nate the need for data cen­ters. In real­ity, the only thing will change is the owner of the build­ing. All the appli­ca­tions and data that are mov­ing into the cloud will live on servers in brick-and-mortar data cen­ters. The com­pa­nies that are build­ing the biggest data cen­ters tend to also have the biggest cloud ambitions.

CoM: How big is Apple’s new North Car­olina data cen­ter — big, small, medium?

Miller: The early site plans indi­cate Apple is plan­ning about 500,000 square feet of data cen­ter space in a sin­gle build­ing. That would place it among the largest data cen­ters in the world. For com­par­i­son pur­poses, Apple’s exist­ing data cen­ter in Newark, Calif. is a lit­tle more than 100,000 square feet. Most new stand-alone enter­prise data cen­ters are in the range of 100,000 to 200,000 square feet. So this would qual­ify as a big-ass data center.

CoM: What’s it com­pa­ra­ble to? Do you know of any spe­cific examples?

Miller: In the past sev­eral years we’ve seen a hand­ful of new facil­i­ties that are redefin­ing the scope of mod­ern data cen­ters. These include Microsoft’s new facil­ity in Chicago, the Super­NAP in Las Vegas and the Phoenix ONE colo­ca­tion cen­ter in Phoenix. All of these facil­i­ties house at least 400,000 square feet of space. These data cen­ters are designed to sup­port an enor­mous vol­ume of data, and reflect the accel­er­a­tion of the tran­si­tion to a dig­i­tal econ­omy. All those dig­i­tal assets – email, images, video and now vir­tual machines – drive demand for more and larger data centers.

CoM: Why did Apple chose NC? Are there par­tic­u­larly big pipes in NC? A big pow­er­plant nearby?

Miller: The choice of rural North Car­olina sug­gests that the bot­tom line for Apple is cost, rather than con­nec­tiv­ity. The site in Maiden, NC is not far from a large data cen­ter by Google, which usu­ally chases cheap power and tax incen­tives. Power from Duke Energy is about 4 to 5 cents per kilo­watt hour, com­pared to 7 to 12 cents in Cal­i­for­nia. The com­pany also max­i­mized its incen­tives by pit­ting Vir­ginia and North Car­olina against one another in try­ing to wring the best tax incen­tives out of both states (a pop­u­lar strat­egy in data cen­ter site location).

Some large com­pa­nies use dis­trib­uted data cen­ters to man­age their latency and con­tent deliv­ery costs. That may be part of Apple’s think­ing, since they’re a major cus­tomer for CDNs (I believe they use both Aka­mai and Lime­light Net­works). Face­book cited latency to Europe as a key fac­tor in its deci­sion to add data cen­ters in Vir­ginia. Before that, MySpace added a data cen­ter in Los Ange­les to reduce its reliance on CDNs. But in both cases, those com­pa­nies sought out Inter­net hubs where they could con­nect with dozens of other net­works to man­age their Inter­net traf­fic. You don’t get that in rural North Car­olina, soApple seems more focused on cost and scale than on con­nec­tiv­ity – which again would sug­gest a cloud focus.

Unfo­tu­nartluy this inter­view does not reveal or hint what Apple may use the data cen­ter for, only to spec­u­late that it will han­dle a lot of data.

Lot’s of Data? (IMPORTANT READ HERE)

Yes, lots. What uses a lot of data? Hum, video comes to mind. With the iPhone 4G unmasked and it’s frontal cam­era and 5mega pixel rear cam­era (Apple is also said to have 8mega pixel cam­era ver­sion in the field), and con­sid­er­ing that it is an inno­va­tor in dig­i­tal lifestyle appli­ca­tion, it is not far fetched to think that Apple may have a new “Video Social Net­work” planned that may put Face­book, Twit­ter, Foursquare, Ustream and You Tube to rest. With Vimeo qual­ity HD video (as iPhone most likely will be named “iPhone HD” for a rea­son, not fad), face and loca­tion recog­ni­tion, AR and AR (Arti­fi­cial Real­ity and Aug­mented Real­ity), this would be a killer offer­ing if it came true. Apple with it’s new iPhone and SaaS may store every­ones video, tag them, add face, voice and text recog­ni­tion to them and use this data to cre­ate and sug­gest rela­tion­ship with peo­ple. Apple may have more infor­ma­tion on it’s users that FBI’s col­lected data over the decades.

Video is the miss­ing link in SOCIAL. Yes­ter­day I did an event and streamed it live. I had 4,410 view­ers (2,638 unique) of this show. I am just amazed that some­one like me goes live and you get 4k peo­ple watch­ing the show at one time or the other. Twit­ter of course enhances Ustream, the plat­form which was used for the event. All I needed was a Mac­Book Pro note­book and 2 video cam­eras, 4 micro­phones and a audio mixer.

VIDEO is KING of ALL THINGS DIGITAL

I said this and I will say this again, there is noth­ing to clear and easy to under­stand than mov­ing pic­ture. If 2 peo­ple read a book, their expe­ri­ences may be com­pletely dif­fer­ent. With mov­ing pic­tures it is always the same. If geo tag­ging, short mes­sages, moods, AR and AR can be part of ” what are you going now” twit­ter post­ing, then there will be no more need for any of the SNS ser­vices which are now frag­mented and dif­fi­cult to under­stand. You Tube and Ustream is show­ing Apple how good a poten­tial busi­ness this is, what You Tube and Ustream lack in ease of use and depth of con­tent since nei­ther makes hard­ware and oper­at­ing systems.

Apple has been in a unique posi­tion to watch closely the devel­op­ments of VIDEO SOCIAL (although they are only avail­able in frag­ments and encom­pass mul­ti­ple ser­vices and hard­ware and oper­at­ing sys­tem plat­form thus caus­ing chaos to some users), it is sin­gle­hand­edly in a posi­tion to offer a seam­less solu­tion via it’s OS, hard­ware and deliv­ery plat­form. One but­ton and your done with video, geo and text.

If Apple really wants to embark on video, some ana­lysts say, they may need more of these 1 bil­lion dol­lar data cen­ters around the world to fight latency and sheer num­ber of uploads each iPhone HD will store.

Who else ?

Ora­cle and the US gov­ern­ment are also speed­ing up the con­struc­tion of MDCs in 2010.  Ora­cle stopped con­struc­tion of the MDC in Salt Lake City but then again has recently resumed work on the 240,000 square foot 285 mil­lion dol­lar project. Oracle’s main busi­ness is CRM SaaS (soft­ware as ser­vice) and needs these cen­ters to take on more speed and cus­tomer demand. MDCs are being built in Lon­don, Wales, Tokyo, Tsukuba and many other cities around the world.

Make no mis­take about it, Apple and Google are  at war, but come June 7th, Apple may throw in some new weapons to com­bat Googles announce­ments that it made at Google I/O, or it may not, since it may announce a ser­vice so ambi­tious and close to our daily life, our method of shar­ing notched up to a higher level. In such case, oth­ers will play catch up with new ser­vice offer­ings and data cen­ters, but once Apple takes the lead, it may be hard for Google to orga­nize HTC and other man­u­fac­tur­ers to have a com­mon user inter­face prod­uct to pro­vide the seam­less user expiri­ence pro­vided by a com­pany that makes everything.

Ever since 1985, I have been involved with Apple, not because I am an Apple freak (in hon­esty I am but), but because it makes good busi­ness sense to trust a com­pany that has a solid vision (not dur­ing Job’s absence I must say), owns and can con­trol the direc­tion it wants to go. To me the HTC Desire is like a Fer­rari 430 with a Toy­ota engine,  while the Nexus One is like a Fer­rari Cal­i­for­nia with a Nis­san engine, not bad but in the end, i will no longer buy Fer­rari since what I am buy­ing is nei­ther a Fer­rari, Toy­ota or a Nissan.

It may be a really good time to be in a con­struc­tion com­pany or a com­pany mak­ing con­tainer unit mod­ule for data centers.

 

今日のイベントプログラムが決まりましたのでご報告します。非常にタイトなイベントですが、沢山の方々が、私の呼びかけで参加いただけた事を嬉しく思います。イベント一般参加の方々は是非最初からお入りください。尚、講演者、機材等の都合により内容が変更される場合がありますのでご了承ください。このイベントはNot For Profitです。最後にオークションが開催され、売上は全て宮崎畜農応援に寄付されます。ご参加者は是非オークション用商品をお持ち込みいただければ幸いです。お持ち込みの場合入り口で申し出ください。イベントは既に満員です。申し訳ございませんがご了承ください。

USTREAMは7時スタート。(ここをクリックしてください)DIGITAL UTOPIA第一回

http://Ustream.tv/channel/DIGITALUTOPIA です。

7:00開場 開場風景Ustream スタート


7:30分開演 ご挨拶 恩田英樹  @HidekiOnda
このイベントのオーガナイザー、フォーカルポイントコンピュータ株式会社 代表取締役
TUNEWEAR社 デザイナー&代表取締役
METAVISION株式会社 代表取締役
フェラーリ430チャレンジレーサー
元Apple営業本部長、CNET Asia記者、ITMediaブロガー

7:45分 孫泰蔵 ご挨拶+乾杯+iPadでサプライズ @TaizoSon
モビーダジャパン(株)代表取締役社長、アプリヤ取締役、
ガンホーオンラインエンターテイメント(株)代表取締役会長
ソフトバンク顧問などを兼務し、デジタルコンテンツ開発や
デジタルコンテンツプラットフォームの創造をテーマとする
ベンチャーの創業支援や育成を行なっている。
「これまでのITは便利ではあったが人を幸せにするようなことはなかった。
iPhoneやiPadは便利なだけでなく人を幸せにする、という点が素晴らしい!」

8:00分 畑圭輔&幅朝徳 CRI ミドルウエアー 製品デモ @havahava

畑 圭輔(はた けいすけ) iPhone & SmartPhone推進室 iPhone エヴァンジェリスト

幅 朝徳(はば とものり) iPhone & SmartPhone 推進室長


8:10分 DJ Taro iPadでDJ @DJ_Taro
(1972年1月17日 — )はクラブ、ラジオDJ、ナレーター所属は自身が社長を務めるVASP。ブラジル出身。

8:25分 星川 哲視 トリニティ株式会社代表取締役 @hosinity
オリジナルブランドSimplismとEVENNOでApple周辺機器を開発・販売。

8:35分 佐藤 隆弘(サトウ タカヒロ)…(株)コルグ 商品企画室 室長 @Sat0919
– ゲスト・ミージュシャン:Denkitribe(デンキトライブ)氏 … エレクトライブ世界No.1プレイヤー
KORG iELEC­TRIBE for iPad(コルグ アイ・エレクトライブ)デモ

8:50分 西山 アドビ @shonsym
美味しいものトークか?AUGMトークか?

9:00分 林信行 iPadアプリの紹介 @nobi
未来のテクノロジー、未来のライフスタイル、それをつくりだすデザインについて、いろいろと取材をしたり、取材したことを記事に書いたり、講演で話したり、アイディアとして放出することを仕事にしています。コンサルタント、講師、ジャーナリスト、ライター、ブロガー、T​wit​ter​erなどなど、いろいろな肩書きで呼ばれています。

9:15分 松村太郎 iPadと教育 @taromatsumura
東京、渋谷に生まれ、現在も東京で生活をしているジャーナル・コラムニスト、クリエイティブ・プランナー、DJ(クラブ、MC)。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。1997年頃より、コンピュータがある生活、ネットワーク、メディアなどを含む情報技術に興味を持つ。これらを研究するため、慶應義塾大学環境情報学部卒業、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。大学・大学院時代から通じて、ライフスタイルとパーソナルメディア(ウェブ/モバイル)の関係性について追求している。

9:30分 斉藤由多加 ゲームクリエイター  (株)ビバリウム @YootSaito

世界的ヒットしたゲーム&ライフスタイルアプリ・シーマン(SeaMan)やタワー(Tower)を生んだ天才クリエーター


10:00分 向谷 実と鈴木 睦美ライブ @minorumukaiya
向谷 実:ネム音楽院(現・ヤマハ音楽院)のエレクトーン科卒業。日本を代表するフュージョンバンド、カシオペアのキーボーディストに20歳より加入。近年は三枝成彰氏との共演も多く、昨年には高円宮憲仁親王殿下追悼バレエ公演に出演。 そのほかにも、2001~2010年、名古屋芸術大学音楽文化応用学科の専任教授を務めた。また、熱狂的な鉄道ファンでもあり、世界初の実写版・鉄道シミュレーション・ゲーム「Train Simulator」を株式会社音楽館の代表取締役として開発。PS2PSPPS3などで、延べ30タイトルを発売している。現在は博物館や鉄道会社に技術がかわれ、業務用ソフトの開発も手がけている。 最近では発車メロディや車内BGMの制作も担当。「タモリ倶楽部」の鉄道ネタなど様々な鉄道モノの番組への露出も増え、活躍の場は絶えない。

鈴木 睦美:幼少より父から指導を受けヴァイオリンをはじめる。桐朋学園大学付属高校音楽科を経て、同大学付属ディプロマコースへ進学後プラハにて研鑚を積む。全日本ソリストコンクール奨励賞受賞。 帰国後、ロシアにあるバレエ団、オペラオーケストラに参加し、現地の公演に出演。ブルガリア国立ソフィア王立歌劇場オペラ、日本公演に参加。その他国内常設オーケストラに参加。千葉県某テーマパークにて長年にわたり活躍。現在、ジャンルレスヴァイオリニストとしてCM、テレビ、映画、ゲーム音楽の録音、有名アーティストのライブサポート、ミュージカル、オーケストラ、室内楽等多岐にわたり活躍している他、作曲、編曲、ストリングスアレンジもこなす。世田谷音楽院で講師を務めている。

10:30分 古川享 @SamFURUKAWA
アスキー、マイクロソフトを経て現在は慶應義塾大学大学院、メディアデザイン研究科にて教授を拝命。ルネサスエレクトロニクス非常勤取締役。NPOへの参画として、Think the Earth, NGPFの理事などしています。

10:45分 山田昇 じゃんけん大会+宮崎畜農支援AIDオークション @idanbo

MACお宝鑑定団会長 danbo

日本語でのMac & iPod などApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。


 

おことわり:私はスポーツカーを運転する事が好きで、ストリートカーで長年サーキット走行をしてきた。遅いチョロ乗りだったが、レースに憧れ、今は亡きセナに憧れた。16年前に買ったフェラーリに人生を変えられた。それ以後世界最高のレースカーとエンゾ・フェラーリに憧れ「何時かはフェラーリでレースがしたい」と憧れたが。これが人生の目標でもあった。F1サポートレースで華やかなポルシェでのレースチャンスもあったが、フェラーリを選び時期を待った。車両を購入した物の、クラッシュや伸びないタイム、練習できない日々が続いた。今回念願のレースが出来た事を心から嬉しく思う。フェラーリは日本社会で誤解され、嫌がられる「タカビー、金持自慢の玩具」と思われても仕方ない。それが一般論だから。でも私は最高の感動を得られる車に乗りたかった。本田宗一郎さんのホンダがレースカーを作り続けていればホンダ車を選んだだろう。フェラーリだけが唯一私に「レースの感動」を与えてくれると信じ今後も可能な限りフェラーリのレースは続けたいと思う。

26日から富士で毎日走り、28日も朝からフリー走行。今回はフェラーリ・ジャパンの公式サポートレースとなるので、朝はフリーで走行、午後はレクチャーとプロドライバーによる同乗走行が行われた。私の車にはピロッタ・フェラーリの講師でもある桧井さんがまずドライブで私が助手席へ。一周目100Rで彼が「この車まずい」と叫ぶ。私が2回もスピンしている200キロ全速で走る100R。その後直ぐにピットへ。桧井さん曰く「この車ではレースに出れません、何か左リアがおかしい、壊れている可能せもある」と。当日フェラーリ本社よりチャレンジ専門メカニックも支援してくれる恵まれた環境で、イタリア本社のイワンさんにお願いして見てもらうことに。問題は故障ではなく設定と判明。トーがイン向きで、荷重がリアにかかるとフラフラする事が判明。この現象が起こるのは270キロ全速ストップの1コーナーでの左右の揺れと100Rで、高速緩やかな右回りで小さな荷重変更をすると修正できなく一気に右へ流れスピンするリア。車を上から見た時にタイヤがハの字になっている状態がトーイン、V字になっている状態がトーアウト。

命の恩人桧井さん PILOTA FERRARI講師等も経験。チャレンジをよく知るドライバーだー

それでは設定の問題だったのか?リアに荷重が無くなる下り坂100Rはリアウイング取り外す前は問題無かったが、ウイング無しでは路面に車を押し付けるものは何も無い。私はこれを知らず2日前から佐々木孝太選手に受けたレッスンで100Rは5速に早めに入れ、右内側を走った。 4セッションx30分スピンも無く安定して1.55秒〜58秒で走ることができた。40秒台に入るためには多分沢さんとドリフトボックスでデータを取り、遠回り、減速とターンイン等を勉強すれば良いと思う。

一番大きな問題は「設定が悪かった」のではなく、国内で430チャレンジレースが開催されておらず、データが無いことだ。少なくともデータがあるのは走り込んでいるチームだが、大半が大きなリアウイング付きで富士や鈴鹿の高速コースに車を合わせている。この「リアウイング」が無い状態のファクトリー状態でのレースは国内で開催されたことが355以来ない。そのため360も430も大きなウイングとフロントスプリッターを付け、トーインでも安定した車を各サポートメカニックが行ってきた。

レース予選はレインで2.06秒で9台中7番手。レースも総合7位、430チャレンジ5台中5位。安全第一と雨上がりのスリックなのでスタートは無理せず、348と355を先に行かせ、途中で抜きレース中ベストは2.00。まだ自分が何処で遅いのかもわからず、でもスピンはしなくなったので今回得たことは大きかった。300Rは確実にもっと押せると思うが、レース前に限界を試してもしょうがないと諦める。

楽しいレースでした

今日発表のGTOも見てしまった。。

PILOTAフェラーリ学校は全部458

出番を待つF1FXX599XX

430 Chal­lenge Class

  • 1位   Terashima おめでとうございます
  • 2位   Kawasaki
  • 3位   Hayashi
  • 4位   ゆぅ☆
  • 5位   Fran­cis (Me)

360 Chal­lenge

  • 1位   Desuke
  • 2位   Fujita

 

年間で大事なイベントが今週は二つ重なってしまった。フェラーリのオフィシャルワンメークレース、フェラーリ・トロフィーは早くからわかっていたが、まさかiPadの発売日と同時とは。。でも両方とも大事なので、昼は富士で走り、夜は東京へ戻りiPadイベント。

今日29日は予選とレース当日。昨日、フェラーリ専門ドライバーが私の車をテストし、運転中に青ざめる。。。100R、そう私が昨日も360度スピンした(オイルに乗り)場所で「この車おかしい」と。。ワンラップもせずにピットイン、この車どこか左リアがおかしい、これじゃースピンするのは当然。「え〜?」。ストレートでもブレーキを踏むと車が左右に揺れ、100Rでは左に加重が乗っている状態の小さな加重移動でスピンする車だったららしい。でも私はそんな危険な車で27日、28日も安定して57秒台で走行し、任意の限界テスト以外ではスピン無く30分セッションを走行した。左リア不安定な車で1.5時間も走り続けた。

そう、あの2月の大きなスピンクラッシュも、水曜のスピンも車のセッテイングが原因で、フェラーリ本社のチャレンジ車両専門のメカの確認し、計測すると「完全に逆の設定で、車が安定しては知る訳が無い」との返事。急遽設定を直し、再度フェラーリ専門ドライバーがテスト。「直りました」との嬉しい一言。

iPadイベントも凄かった。また富士へ戻るので、滞在時間は短かったが、色々な先生や専門家、メディア、ユーザーの方々とお会いでき嬉しかったな〜。みなさん、おつかれさまでした。。。。

練習後、超高速で東京へ戻り、iPad前夜祭で公演と製品デモ

iPad前夜祭、Ustream 1000人近く、会場は200人以上で大盛況

見える車だけで20億以上

F1や限定車F50GTなども到着

凄い量の物がイタリア・ファクトリーから

完全に不安定で「レース出場だめ」といわれた車を調整中

今日は安全第一

隣のピットでは東海大学のルマンプロジェクト車両をテスト

 

昨日は富士で430チャレンジをテスト。問題なく安定した車になっている。1セッションしか走れなかったが。。。エンジンバーストしたスカイラインのレコードライン上のオイルに乗って300Rでは360度スピンを経験。恐ろしい、オイルの怖さ。。細かく路面の確認と会話が必要。どうしてもオイルラインをクロスするときはアクセル緩めないとヤバい? 場面場面で違う対応が必要らしい。オフでもスピンする、適度な加減でうまく走り抜けるし、まオイルを避けるのがベストだけど。。今日は佐々木広太先生これから勉強会です。オーストラリア帰りなので眠たいだろうな。。。

お世話になっているDirec­tionさん 遠山さん、山平さん

 

いよいよiPad、で私は今富士スピードウエイですが、5月28日朝8時は歴史に残るiPad発売開始時です。その前夜祭が開催されます。私も当然参加し、iPadが日本にやってくる事を祝いたいです。何の話をするか知りませんが、ゲストで呼ばれています。twitter経由の応募らしいです。100名限定。さ〜貴方もiPad持ってきて、クラブシーンに灯りを添えてください てか、無理か。。。発売前だもんね。。。(笑)

From  iPod Style

ゲスト:
・林信行(フリージャーナリスト)
・幅朝徳(株式会社CRI Mid­dle­ware iPhone & Smart­Phone 推進室長)
・清水 亮(株式会社ユビキタスエンターテインメント 代表取締役社長 兼 CEO
・恩田フランシス英樹(フォーカルポイントコンピュータ株式会社 代表取締役社長)
・深津貴之(株式会社Art & Mobile 代表取締役社長)+(4001field クリエイター)
・加賀谷友典(フリーコンサルタント)+(4001field コンサルタント)

  • イベント概要
  • ・場所:Velours(東京都港区南青山6–4-6 オルモストブルーB1F / TEL:03–5778-4777)
  • ・日時:2010/05/27(木)
  • 第一部:20:00–23:40 トークショー&ライブ(入場制限あり)
  • 第二部:23:40–28:00 ラウンジパーティ(入場制限なし)
スペシャルゲスト:
香椎由宇
・香椎由宇
・アーティスト

・主催 4001field、iPodStyle、株式会社ジェナ
・協賛 株式会社CRI・ミドルウェア、株式会社ユビキタスエンターテインメント、 ボーズ株式会社、株式会社エスパステクノロジー、株式会社コルグ、フォーカルポイントコンピュータ株式会社、トリニティ株式会社、ソフトバンク セレクション
・協力  株式会社 クラベリア、Velours
※招待券のない方もご入場いただけますが一部入場を制限しておりますので、
当日の状況によってはご入場できない場合がございます。

■申し込み方法 iPad前夜祭は完全招待制のイベントとなっております。
twit­terアカウント @iphone_love2010をフォロー頂いた方の中から抽選で50組100名様をご招待させて頂きます。

【4001field について】 iPhoneをこよなく愛するクリエイティブ集団。現在「iLove iPhone」をテーマに、様々な場所でイベントを開催。アプリの制作やテレビ、雑誌のプロデュースなど多方面で活躍の場を広げている。

【iPod Style について】 iPodやiPhoneなどに関する情報サイト。ケースやFMトランスミッタなどの周辺機器やスピーカ・ヘッドホン、ヘッドセットのレビュー、iPodの活用方法、関連ソフトウェアの紹介、困った時のサポート情報など、役立つ情報が満載。

【株式会社ジェナ について】 スマートフォンのソリューションプロバイダーとして、iPhone/iPadのアプリケーション開発、ソリューション開発、導入コンサルティング、その他法人向けのiPhone/iPad総合サービス事業を展開。

From Just Another Typ­i­cal Night in Tokyo

4001field×iPodStyle×Jena Presents

iPad Release Party”

DOOR:3,000yen
W/F:2,500yen

SPECIAL GUEST
・広瀬 香美(Kohmi Hirose)
http://www.hirose-kohmi.jp/
・香椎 由宇(Yuu Kashii)
http://www.horipro.co.jp

SPECIAL GUEST ACT
FPM(Tomoyuki Tanaka)
http://www.fpmnet.com

GUEST ACT
SO(TOKYO BIG BOYS)
http://www.bigboys.jp
DAISUKE TSUDA(Kaaltechs)
http://www.myspace.com/nazareth22
・maiちゃん
http://maisassygirl.blogspot.com/

&Spe­cial sur­prise Guests!!!

5/28(金)に待望の発売開始を迎える“iPad”。
この記念すべき日を祝うべくプレミアムパーティーを開催!!
ウェブページ閲覧や音楽や動画、

こちらにも情報が IT Media

青山VeloursでiPadの日本発売を記念した前夜祭を開催

CEX WORK BLOGより

2010.05.27 THU “iPad Release Party” at : Velours

2010.05.27 THU AT:Velours

4001field × iPod­Style × Jena Presents /// ” iPad Release Party ” — Pre­mium Cel­e­bra­tion Night -

DOOR:3,000yen /// W/F:2,500yen   ※DISCOUNTご用意しております!

SPECIAL GUEST

広瀬 香美(Kohmi Hirose)

香椎 由宇(Yuu Kashii)

SPECIAL GUEST ACT

FPM(Tomoyuki Tanaka)

GUEST ACT

SO(TOKYO BIG BOYS)

DAISUKE TSUDA(Kaal­techs)

maiちゃん

&Spe­cial sur­prise Guests!!!

© 2009-2011 Copyright Hideki Francis Onda 著作権所有者 恩田 フランシス 英樹 高周波マガジン High Frequency Oscillation Suffusion theme by Sayontan Sinha
This site is protected by WP-CopyRightPro