Atomic FloydとComplyのイヤーパッドの組み合わせはどんな感じかというのをあるブログで見かけ、気になったので早速試してみました。写真で写っているのはHiDefDrumにComplyのT-400を装着したところです。標準のダブルインジェクションのイヤーパッドも非常に質が良いので満足だが、ComplyはComplyなりの装着感が得られるので面白い。

 

@yataroさんのtweetで知った、1998年倒産寸前のApple Com­puter Inc.社にSteveが戻りiMacを発表した当時のビデオに私がショートコメントをしていた。。。その他多くのベンダーの姿も。。。懐かしいのでココに記録しておこう。。大元の紹介は@rakunamacさん。タイトルも良い「iMac旋風に一役買った日本のデベロッパたちのビデオ紹介」。。黒髪でデブ前の私をご覧下さい。。。嫌らしい金時計していますね。。目もギョロギョロ、多分緊張中。。。YouTube mactech­labさんのアップだ。。。「1998年、初代iMacが発表されたその3ヶ月後の8月29日付けで1本のプロモーションビデオが制作された。
当時の主要デベロッパたちが初台のアップルジャパンから招集を受け、iMacと共に活用すべき自社製品をアピールするビデオ撮り に挑んだ。」とある。。。

MacTech­Labの記事はこちら。。Macテクノロジー研究所より。。。

こちらもどうどうぞ。アップル社の歴史がわかります。

New­Mac Onlineより

 

ル ショコラ デゥ アッシュメゾン デュ ショコラジャン ポール エヴァンは私が世界で最も美味しいと思うショコラティア。メゾン デュ ショコラはパリでハマった。ル ショコラ デゥ アッシュは現在の自宅前なので数秒で行ける。何時も利用しておりキャラメルに最初ハマった店でもある。

香港から帰国後東京ミッドタウンに居住中ジャン ポール エヴァンは数回食べたがハマらなかった。しかし最近この3社のキャラメル、ケーキとチョコを多く食べ比べる機会があった。

写真はミッドタウンにのジャン ポール エヴァン

数週間に及び食べ比べた結果

ジャン ポール エヴァン がチョコ、キャラメルとケーキ全部で最高だと思った。ケーキは酒を使わず本当に美味しいチョコの層で混ぜ物は少なく高純度の最高級チョコの味がする。キャラメルも純度が高そうで、製法や使用しているクリームや砂糖が上質だとわかる。アッシュのキャラメルは美味しいが純度がほんの少し低そうな感じ。これはフランスの乳製品と日本の乳製品の違いなのかは分からない。
チョコは値段も天文学的だが本当に美味しい。。。アンジェリーナはモンブラン内のクリームが独特なのは使用しているクリームがフランスの特殊なものだからあの味が出せるように。メゾン デュ ショコラはココアが美味しいと思う。

何を食べてもジャン ポール エヴァンは格別に美味しい。香港でもほぼ訪問時毎回キャラメルを疲れたあと食べている。到着後キャラメル買って冷蔵庫に入れておく、で深夜仕事をしながら食べるのが楽しみ。

ココア    一等賞 メゾン デュ ショコラ    二等賞 なし
キャラメル  一等賞 ジャン ポール エヴァン   二等賞 ル ショコラ デゥ アッシュ
ケーキ    一等賞 ジャン ポール エヴァン   二等賞 ル ショコラ デゥ アッシュ
チョコ    一等賞 ジャン ポール エヴァン   二等賞 メゾン デュ ショコラ

今の評価は上記ですね。開店当時 ル ショコラ デゥ アッシュ は美味しかったが、量産で少し何かが変わった感じがする。

「ジャン=ポール・エヴァンの商品は日本に空輸されています。」と書かれていた。メゾン デュ ショコラ は掲載なし。ル ショコラ デゥ アッシュは国産だ。

 

大阪モーターショーへクラブチャレンジ関西チームと行きました。会場はインテックス大阪。昔アップル時代イベントできました。

不況で縮小する日本の自動車業界。この展示も例外ではありませんね。上海2000社、東京170社、大阪はもっと少なかったと思います。あまり期待はしていませんでしたが楽しかったな、仲間がいいといいよね。dingさん、tenmaさんとmonakaさん、先生、お付き合いいただきありがとさんです。

目玉はもちろん3700万円、F1サウンドのLFA,  458のような3本出し。イングまがりまへんか?ちょっと心配な作り。多分ロードバージョンだから?サーキットでは上下に動きそう。ホンダは元気な気がする会社。きっぱりF1を先にやめたし、計画性、成長性や意外性がある展示だった。新しいファミリーワゴンの形だ。なかなかカッコイイです。これ。KERSが付いているのか?これポルシェのベビーカイエン、世界初展示?中身はホンダの車でした。。。これも改造車 LUCIDA + HUMMER = LUMMER 小型で可愛い。84万円?


展示より飲食が優先?クラブチャレンジ関西担当副会長で私と香港兄弟、帽子が可愛いding兄貴。。と関東担当のmonakaさんと先生。。。

この会場、ものすごく多くの人達が着ていた。ステージでは若いユニットがダンスと歌を披露。。なかなかナイスな雰囲気、でも展示はいまいちだった。。大手や海外スーパーカー出店社が戻ってくるのはいつだろう。。。

 

美味しいモツ鍋を食べた。。。

フェラーリのレースやサーキット仲間と関西地区忘年会だ~ 大いにフェラーリやサーキット談義で盛り上がった。。。。

これもまた7Dのおかげで全員ちゃんと収まらない写真。これがベストだった。参加者の皆さん、全員ちゃんと映らなくってすみません。カメラのせいです。。。(涙)

 

今回は@tobu1さんがiPhone Users Groupに参加させてくれた。。写真は最後のジャンケン大会だ~
iPhoneアプリ開発やクリエーティブに利用する開発者の忘年会と会議だ。私もプレゼンをさせていただいた。感謝感謝。。楽しかった。でもこの写真全員収まらないし室内なので色が飛んだ。。。細かい設定をせず利用すると7Dはピーキーなカメラだ。あまり使える写真が無くごめんなさい。KINDLE登場。私以外ほとんどの方がiPhoneからプロジェクター直だしでプレゼンしていた。@iphonestudioさん、見事に私の景品Atomic Floydを勝ち取る。おめでとうございます。次回は大分で景品にしますね。。。みなさん、楽しかったです。貴重なお時間とプレゼンありがとうございます。

 

今日は飛行機で大阪。販売店を回り夜は「だるま」で串揚げ。イイトコですね。美味しい安い安全な街。昨日届いた7Dと24mmで写真とビデオを撮影。やはり30%のワイドを失うのはかなり「なれ」が必要。7Dは奥が深い中々良いカメラだ。5Dでできなかったことも少しできる。明日は大阪モーターショー、iPhone User Group Meetingと夜はフェラーリレーサーのクラブ「クラブチャレンジ」関西支部の忘年会があり忙しい一日になりそう。。。

Been a while I have been to Osaka. I really love this city, actu­ally even more than Tokyo. Oh how I wish I could live and work here. The peo­ple are open and friendly and out­go­ing and positive.

Brought my 7D here that I got the other day. Need to get used to loos­ing 30% of wide angle due to it’s CCD size. Great for movies as it’s the right cam­era and not more than you need to shoot for HD video, can do 60p, 5D cannot.

Off to Osaka Motor Show, iPhone Users Group meet and Fer­rari Club Chal­lenge end of year party all in a rush… meet friends, make friends etc…

 

メインの鯛ご飯

揚げパンで出迎えてくれる天ぷらと鯛ごはんのお店です。
初め頃来たことがあります。その後は2、3回位。いつも親父さんのおいしい料理に感動。ミシュラン星1だそうだ。。。
はじめは揚げパン、エビのすり身、牛のニギリ、鯛の刺身、天ぷら(食べるのが夢中で写真無し)、水槽バーへ移動。ドアが水族館?巨峰フローゼンなんとかw?!笑顔が素敵ですね。。。

 

パワーの木 江田神社 この木を触るとパワーが得られる、多くの宗教&パワーを持つ人が来るという。宮崎神宮 宮崎は神が降りて町である。その証拠として多くのお寺や神社があるし、宮崎神宮もある。

商売繁盛の一葉稲荷神社 ここは商売繁盛だそうだ。。飛行機に乗る前に。。。祈願

シーガイア オーシャンドーム 閉館から2年、救うならもうそろそろ動かないと錆び始めている。。

from Wiki
「オーシャンドームの概要 オーシャンドームは、開閉式の屋根を持つ全天候型プール。シーガイアリゾートのランドマーク的存在で、全面オープンに先立つ1993年7月30日に先行オープンした。10万本の松の木を伐採して造った長さ140mの人工ビーチや造波プールを持ち「世界最大の室内ウォーターパーク」としてギネスに登録されている。
しかし、大きく予想を下回った入場客数は、巨額な累積赤字という形で表面化。2001年、リップルウッドは、オーシャンドームの将来の閉鎖に含みを残したまま買収することとなったが、結局2007年9月30日に閉鎖された。2006年・2007年は閑散期を除いて営業していた。
建設の背景 [編集]
訪れる観光客は暖かい南国の海岸にある全天候型プールに違和感を覚えるが、シーガイア付近の海岸は浅瀬が少なく、通年波も荒い。また「だし」と呼ばれる強烈な引き潮も存在している。この引き潮に呑み込まれて死者も出ていたため、安全な海水浴場で子供を泳がせることが一部の地元の隠れた悲願であり、オーシャンドーム建設のきっかけとなったとされる(後に小規模な海水浴場も開発されており、地元では利用されている)。
一方で、宮崎の海は波が大きいためサーフィンに適しており、オーシャンドームに流れて浜辺に海水浴客もいないことから、日本でも有数のサーフスポットとなっている。
集客 [編集]
初年度入場者目標は250万人と設定したが、初年度から目標の半分を下回る惨憺たる結果となった。最大年間入場者数は、1995年に記録した約124万人。
平日は閑散としている反面、土日祝日や夏季観光シーズンになると人出で賑わう。偏った入場者数の平準化が開場以来の課題となっていた。プール以外のエンターテイメントや施設整備に注力し集客を図る努力が払われていた。
入場料金の推移 [編集]
地方の施設にしては入場料が高額という批判を受け、健康ランドと遜色のないレベルにまで入場料金が引き下げられた。
1993年 — 大人4,200円、子供(小学生まで)2,000円
2001年 — 大人2,500円
2005年 — 大人2,000円、子供(中学生まで)1,000円
別途、宮崎県民割引や半年パスの設定があった。」

シーガイアfrom Sheraton。ホテルはまだ営業中で全く問題ない。料理も最高。42階でイタリアン。松茸とタラバのミネストローネが美味しかった

みかんとトマト農園 シーガイア行く途中はグリーンハウスが多かった。

ハニワ公園 出土した古来ハニワの型を取り再現された物を公園に散りばめてあった。もの凄く表情豊か。

平和公園 色々な国の石を集め作られたが、日本と戦争した国からは抗議があり、その飾り石は取り去られた。また予算が消え、掃除も年1回以下になったという。

宮崎美術館 写楽や北斎の版画展を行っていたが撮影不可。なのでこれだけ。。Self Por­trait

宮崎美術館 前知事は大きな知事公邸に住み宮崎の税金を膨大なプロジェクトに使い、県民に大きな負債を押し付けたそうだ。みよ、この巨大な美術館。。。何人で運営しているんだろう。今後が心配。。

科学館は休館でした 実物大HLV-1ロケットを展示していたので訪問したが今日は休館、ショック。

 

宮崎市内へ戻るのが遅れた。せっかく@hossyや皆さんにお誘いを受けたのに、ごめんなさい。「宮崎一の料理が食べたい」と聞くと「あ~じゃ福重さんね、あそこは間違いないよ」と足を運ぶ。板前料理を食べることはあまり無いが、せっかくの宮崎、緊張しながら入ると。。。そこは美食が凝縮された職人の板前料理だった。ましてもお客さんは私だけ、そう、今日はメジャーなボクシング試合で、町は人が全然いなかった。前日もこの近辺で集団行動をしていたが、別の町みたいだった。恐るべし亀田興毅対内藤大助の試合。

まずはふぐを食べる。 完全にシビレた~たまらない。もの凄い勢いで平らげる。

まずはふぐを食べる。 完全にシビレた~たまらない。もの凄い勢いで平らげる。

次はとら蟹。からまで全部食べられる。

次はとら蟹。からまで全部食べられる。

足はまるで蟹せんべい。出汁がもれ、味が薄まらないように炭で焼く。これも大変美味しい。

つまようじの入れ物と巻き紙も可愛い。女将の仕事だろうね。。。

ここのお肉は絶品だだった。尾崎ビーフではないそうだ。

炭火焼:油は赤みが吸い込み、味を濃くする。

目の前と横にはいけすが沢山。とらちゃんがニラミを効かせていた。。

こんな美味しい物を食べながらお酒飲んで試合を見た幸せな私。。。

東国原現知事も武軍団時代からのお友達。今日宮崎で優勝したさくらちゃんやジャンボ尾崎さんも常連。有名人は全員東京から来ると必ずここへ来る。。

このイカご飯、完全な反則技。まるでお砂糖をかけたぐらい甘い甘い甘い甘い誘惑だった。もうイカがほかで食べられなくなった。。。

メロンは撮影前に食べてしまった。。。最近このパターンが多いな。。。おでこカメラ誰か作らないかな。。口を開けるとシャッターが切れる奴

お見送りをしてくれた女将さんと福重さん。素敵なお店、色々なお話を聞かせてくれ、さすが職人、料理中はテレビには目を向けず鋭い目で料理を用意していたのが印象的(数週間前から楽しみにしていたそうだが、お客さんの前では徹底したプロだ、見習わなくては)。3人とも内藤を応援していたのでちょっと凹んだ。

絶対オススメだよ、もう日本に数少ない本当の産地の凄腕板前料理人だ。

板前料理 福重宮崎県千草町8–6
0985–28-8196
ホームページはこちら 福重

© 2009-2011 Copyright Hideki Francis Onda 著作権所有者 恩田 フランシス 英樹 高周波マガジン High Frequency Oscillation Suffusion theme by Sayontan Sinha
This site is protected by WP-CopyRightPro